このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009今年のイチゴ | 09.05.10 (日)

日記 2009-05-09

クサイチゴ

毎年……でもないけど、私の春のお楽しみになりつつある(→野イチゴとったど~ - 桝席、→野イチゴ食べたよ - 桝席)ドブ川のほとりの野イチゴ狩り。 すっかり忘れていたので、あわてていったけど収穫は↑これっぽっち。

本当はもう少しあったのだけど、 採ってる最中を六歳前後くらいの子供たちに見つかってしまった。

子供たち(警戒しつつ好奇心を丸出しで)「なにをとっているんですかー?」
私「んー、イチゴかな」
子供たち「イチゴ!!!!」(声のトーンが上がる)
子供たち「????へびいちご?へびいちご……?」
私「野イチゴだよ」
子供たち「たべれるの?たべていい?たべていい?たべていいっ!?

で、私としては
「おう、もやしっ子ども、これが野生の味やでぇ~」
と思うのだけど、なんせ場所が

野イチゴ

こういう場所なんでね。ドブ川のほとりなんで不衛生だ。 とはいえ、いまにも藪の中に突入しかねない様子。イチゴの持つ子供への吸引力はすごい。 あぶないし、少し離れたところに母親たちがいる気配もあるし、 下手したらイチゴで子供を釣った変態野郎として通報されかねない……というのは考えすぎにしても、滑ってケガしたり服をドロだらけにしたりという可能性は高い。それを私の責任にされたらたまらない。

収穫物の 1/3 ほどを渡して、
「お母さんにきいて、食べてもいいっていったら洗ってから食べなさい」
と言った。

当然、子供たちは叫びますわな。
「おかーさん!おかーさん!」
そこに魔王がいるよ……じゃなくて、
「いちご!おかーさん!たべていい?ねぇたべていい?」

そんでもって母親たちも来たんだけど、やっぱり野イチゴを食べたことないみたいで、すごくいぶかしんでるのね。
「いわゆる野イチゴですよ。場所が場所だけに、洗って食べたほうがいいと思いますけど」
と言い残して、とっととその場を去った。

さて、あの子たちは野イチゴを食べさせてもらえただろうか。 そんな汚いかもしれないもの食べるのはやめなさい!イチゴならちゃんとしたのをママが買ってあげますから!……とかなんとか言われて、食べられなかった可能性が高いと思う。

でもまぁ、まだ未成熟の野イチゴを残しておいたから、数日後こっそり食べてるかもな。

来年から収穫できないかもしんない。けど、それはそれでいいや。

誰も採らないから自分が取ってたけど、野イチゴだのクワの実だのは、本来は学校帰りの飢えたガキどもが貪るものと相場が決まってる。

バーバリズムとアーバニズムのキャズムを埋めたいね、と横文字を羅列して、なんとかまとめたフリをしよう。


バーチャルコンソールで、『ファンタジーゾーン2 オパオパの涙』購入。 攻略サイトを見ながらクリア。 面白かったー!

リアルタイムでは、ほとんどプレイしてないんだよな。 アーケードで一度だけプレイしたような記憶があるけど、 ワープのシステムがうざいと思ったし、
「続編がダウングレードするってありえねっすwww」
とか思っていた。

1作目にくらべるとボス戦がかなりつまらないんだけど、 通常面がけっこう面白かった。ザコのアルゴリズムの妙。

さぁ、これで『スーパーファンタジーゾーン』が購入できる!(順番通りにプレイしなきゃ気持ち悪くなる奴>私)

PS2で出た SYSTEM16版『ファンタジーゾーン2』、バーチャルコンソールアーケードでリリースしないかなー。

iGoogle のテーマを募集中だそうです

> Google - Photography Prize
http://www.google.com/intl/en/landing/photographyprize/index.html

5月末日締め切り。優勝賞金 7,500$ ……というのはわかったけど、 単に 1000 × 175 px の画像を投稿すればいいのか、 ほかにも何か作らなきゃいけないのか、英文を読んでない(読めないから)ので、よくわかんにゃい。にゃーにゃー(鳴けばいいと思っている)

Google JAPAN の人はとっとと訳してくらさい。

そんでもって投稿作が萌え絵で埋め尽くされるとよいと思う。

……それを避けるために、英文しか無いのかっ!?

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.