このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009fontforge | 09.06.07 (日)

日記 2009-06-06

猫

寝起き猫。起こしてすまん。


近隣の図書館をまわってみたものの、 目的の人物の伝記が見つからない。

打ち合わせで、次は松平××か、新井△△(←これ、伏せてないも同然だな)あたりでどうかと思っているんですけどね~…と言ったものの、どっちもすぐには無理そう。

ウィキペ調べだけではちょっと不安すぎる。

先にネタが出来上がってるときは、あんまりちゃんと調べられなくても描いちゃうんだけど。 徳川宗春なんかはそのパターン。

調べて、そっからネタを起こすパターンだとデータが無いことにはね。

とりあえず別の人を色々漁ってみる。


プランタで育ててる小ネギの発育が悪くなってきたので、手で耕し直ししてみた。

ニョロニョロウネウネと、でかいミミズが5匹くらい出てきて笑った。 こんな小さいプランタにおまえら居すぎだろうと。

食えねぇかな……都市伝説にミミズバーガーとかあるけどな……などと思った。

むかしなんかの本で、ものすごくマズイらしいと読んだ記憶があるような、ないような。

コトバンクの間違い

ウィキペディアの間違いは自分で修正するなり指摘するなりできるけど、 コトバンクで間違いを見つけたときは、どうすればよいのだろう。

> 八杯豆腐 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E5%85%AB%E6%9D%AF%E8%B1%86%E8%85%90

薄く細長く切った豆腐を、水4杯・醤油2杯・酒2杯の割合の汁で煮て

その割合だと、たぶん、かなりしょっぱすぎる、はず。

八杯豆腐 - Google 検索 ……でレシピを見て回ると、多くのレシピで“水6杯+酒1杯+醤油1杯=八杯”としている。

あいにく私は豆腐百珍を持ってないので原典に当たれないんですけど。

水4杯・醤油2杯・酒2杯としているのはコトバンク(小学館)と Yahoo! 辞書や goo 辞書なんかの大辞林(三省堂)系など、辞書サイトばかり。 ……カンニングしたのはどっちですか?先生おこらないから正直に言いなさい。

ただまあ、豆腐百珍が「真の八杯豆腐」と銘打っているところを見ると、 当時すでに名前の由来が怪しかったっぽい。 おいしくてご飯が八杯おかわりできるからとか、 豆腐一丁で八人前作ることができるからとか(当時の一丁はかなり大きかったらしい)

豆腐百珍の「真の八杯豆腐」では葛を使ってないけど、同時代の他のレシピでは葛を使ってとろみを付けるのが一般的だったみたい(コトバンクもそうなってますね)

これくらいの料理なら自分でも作れるなと思って、作ってみた。 めんつゆと水溶き片栗粉でな。葛もどっかにあるはずなんだけど、探すのめんどかった。

簡単かつ美味しい。そして安上がり。これは覚えておいて損はない料理。 冬は葛で、夏は大根おろしでって感じなのかな。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.