このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009海草 | 09.08.03 (月)

日記 2009-08-03,04

岩淵水門

旧岩淵水門

無気力化

コンペに落ちたのを、それほど気に病んでいるわけではないと思っていたのだけれど。 通っても単発の仕事だし。

しかしこうして、無気力化して生産的なことをやる気にならないということは、 やっぱなんかショックを受けているんだな。いかんいかん。

なんか何時間もソリティア等の運ゲーをやって、現実逃避している。 これはいかん。これはまずい。

ワカメとコンブ

ワカメとコンブを擬人化したら、 お互いに相手を嫉妬しつつ、同時に蔑むだろうと思った。

食材としての実力・汎用性は圧倒的にコンブの勝ちなのだけど、 ワカメときたらなぜか華やかなオイシイ(味ではなくポジションの意味でのオイシイ)部分を持っていくことが多い、そういう気がする。

コンブ(地味・重厚)⇔ワカメ(派手・軽薄)という反目。自分にないものを相手が持ってることへの嫉妬。自分が持っているものを相手が持ってないことへの蔑視。

さあこのテーマで全 50 巻に及ぶ大長編を描こう。ひじきをめぐる三角関係。戦争。出世。革命。再開。死別。ストーリーはひじきの回想のかたちで描かれる。海草だけに。

神曲・地獄篇

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1) 神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)
ダンテ
河出書房新社
売り上げランキング: 5501
Amazon.co.jp で詳細を見る

地獄篇読了。西欧圏ではこの千年の最高傑作に挙げられる文学作品らしいが……そうかぁ?

地獄に関する発想力・空想力はすごい。色々と抑圧されていた中世によくまぁこんなムチャクチャを思いついたもんだ。

詩の良し悪しはよくわからないが、比喩力に卓越したものがあるのは私ですらわかる。

しかし、物語としては、なぁ。まだ煉獄篇、天国篇を読んでないからなんとも言えないけど、 いまのところは各階層でダンテが罪人を見る→話を聞く→次の階層へ……の繰り返しで、 それぞれの層においても物語性らしきものはあまり観られず、ましてや当時の政情・文化を知らない人間には興味深い内容でもなく。

構成もひどいしね。地獄は9つの層に分かれてるんだけど(→神曲 » 地獄界の構造 - Wikipedia)、 第一の層から第六の層まで、罪人を一層一種で書いてたら、足りなくなったんだろうね、 第七層でいきなり三つの環なる新しい下位ディレクトリが出来てやがんの。

それでもまだ足りない。思いついたことを全部書かねば!と言わんばかりに次の第八層では十の堀なるフォルダが。第八層だけで地獄篇の4割を占めるらしい。バランス悪い。無計画・行き当たりばったりにもほどがあるだろ。文章量は下層ほど増えてるのに、設定上では地獄はすり鉢の形をしてることになってるんだから、ボッティチェリさんが図を起こすの苦労してるじゃねぇか

そして最下層。ここにきてまだなお足りてなかった。ここは4つの円に分かれている。

なんという串ダンゴ方式で書かれた叙事詩だろう。でもなぜかこれが、>聖なる数「3」を基調とした極めて均整のとれた構成神曲 - Wikipedia)らしいんだから、よくわからない。

作者(ダンテ)=主人公で、フィクションの中で政敵をののしったり、古代の有名詩人にダンテを褒め称えさせたり、ダンテが現実で叩かれた件を弁明したりしてるのも痛くて見てらんないものがある。

そういうのを抜きにしても、純粋に物語としては展開に驚きが少なく、ページをめくらせる力にとぼしいと思わざるをえなかった。

叙事詩を小説的な観点から評価しようとするのが間違っているんだろうが(←じゃあ黙ってろって?すんません)

日本HP、ワークステーション「Z800/Z400」に水冷システム搭載モデルを追加 - Enterprise Watch

http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20090804_306901.html

水冷PC。いや、PCじゃなくてWS(ワークステーション)か。

でも最小構成で 17万なら、エイサーの水冷ゲームPCより安い。

約 -1db の静音化ってガッカリだなーと思ったが、 こっちの記事によれば -1db なのはアイドル時であって、ピーク時の静音効果はもっと高いようだ。

ちょっと欲しい。VISTA モデルは要らないけど。Windows7 モデルか OS 無しモデルが出るなら。でも無理だなー。収入的に。

スタパ斎藤氏がポチッとやるかどうかが、ちょっと気になる。


コメント

1: ut (2009/08/05 14:59)
フォント使用についての問い合わせがありましたので
gmailのほうにメールをお送りしました。
ご確認いただけましたら幸いです。

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.