このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009懇親会 | 09.10.27 (火)

日記 2009-10-26

犬山遊園の観覧車 犬山城からの眺め-北

犬山城廻縁から、観覧車が見えます。記念品です。関商店です。(宮崎県民にしか伝わらないローカルギャグ)

関商店は今は無く、宮崎市民会館は宮崎市民プラザに名称が変わってしまった。万物は流転し元の水にあらず船に刻みて剣を探す。

飲み会

漫画原作者の青木健生先生から、懇親会のお誘いが来た。 一人で行って誰ともしゃべらず(しゃべれず)、メシだけ食べても日記マンガを描いてない私にゃネタにもならないので、 杉作先生と橋本先生を誘って参加。

ご無沙汰していた池田先生とも会えて、よい飲み会でした。

規模やメンツ的に大名刺交換会になるのかな、と思ってたけど、予想通り。 ええことや。出版不況で苦しいときにはみんなで助け合わないと。

つーか、本気の営業をやってる人が何人もいて、 ちょっと自分が恥かしくなった。

メモ。

会話の途中で、橋本先生が「時代劇ではなく歴史劇」と発言。使い分ける時期にきているのかもしれないと思った。

いわゆるフィクション性を加味した「時代劇」と、史実を忠実にマンガや小説に起こす「歴史劇」との使い分けをやったほうが、いろいろ好都合かもしらんな、と。

「小学5年生」「小学6年生」の休刊に皆、ショックを受けてた。 作家/編集を問わず
「ああいう本は(採算を度外視してでも)残すべき」
の声、多数。誰だって自分の懐が痛まないときは理想を語るものだ。

「出した単行本が赤字だと、担当が会社からネチネチ言われるんですよ~」
と編集氏。マンガ家は、あまりそこまで考えないよね。 どうしてオレの単行本を出さねえんだコノヤロウとしか考えない。 担当だって、自分が担当した作品を出させてあげたいに決まってる。 でも、会社に損害を与えるわけにはいかない。それがサラリーマン。 心を鬼にしてノーと言わねばならないときもある。

編集者が、ある作家からは心から信頼され、 別の作家からは親の仇のように憎まれる。 それは編集者の人格のせいばかりでなく、ビジネスとしていたしかたない部分もあるんだろうなー。因果な職業だ。

オフレコ話が二つ。 どちらも景気の悪い話。はぁ。

台風が近づいていたにもかかわらず、懇親会は欠席者1名のみで参加者 50 名を超える盛況だった。 主催者の手腕に脱帽。こういうやる気と能力を兼ね備えた人の尻馬には乗っておきたい。 私は幹事とかは苦手でできない(やろうともしない)怠惰半ヒキコモリ野郎だから。

どうせ今年も講談社の年末忘年会には呼ばれないだろうし、 (赤字だから合同の交流会は今年はやらないかもしれないが) ひょっとすると今日のこれが私にとっての今年の忘年会かもなーと思った。

まだあと2ヶ月あるが。

なぜかはわからないが、二日前から
「今月は9月」
と思い込んでいた。なにを先延ばしにしたいんだ?自分。 そんなに時間が欲しいほど仕事も詰まってないってのに。

部屋履き靴下問題

寒くなってきて、部屋履きの靴下が欲しい。 エアコン使えって?そんな!もったいない!

しかし、部屋履き靴下えらびは難しい。

フリースやスポンジ製のやつは、温かいが蒸れてすぐ臭くなる

毛糸のやつは温かいわりに通気性がよくて、臭くなりにくい。 でもフローリングですべる。

普通の靴下を部屋履きにする→真冬じゃ重ね履きしないと寒すぎる。重ね履きすると窮屈。

毛糸のが滑らなければ問題ないんだが……。ゴムでも貼り付けてみようか。

見て見ぬフリ問題

西友で買い物してたら、5時間前に作られた弁当が半額にならないかとゴネている男性がいた。

しばらくすると、男性店員の対応がまずかったらしく
「俺は客だぞ!」
「上の者を呼べ!」
などと叫び、買い物かごを床へ叩きつけ、蹴っ飛ばし、男性店員を土下座させていた。 モンスタークレーマー(陳腐な表現ですみません)だ。

そもそもあんたのゴネが問題あるだろと思い、 土下座させられている店員が不憫でもあり、 男をたしなめたくもなったが、 けっきょくビビって何もせずにその場を去った。 遠巻きに見ていた別の店員に、
「警備員とか呼んだらどうですか」
とは言ってみたが。 その後、どうなったのかは知らない。

帰宅して、見て見ぬフリを決め込んだ自分に自己嫌悪。 だけど、再び同じ状況に遭遇しても、やっぱり見て見ぬフリをするだろうと思う。 思うからさらに自己嫌悪。

いったい、恐怖心を正義心が上回るなんてことはめったにないのだ。 危険というものをあまり理解してない若いころならともかく、 歳を取るほどに、リスク回避欲求は増していく。どうすりゃいいの、この我が内なる鶏を。

twitter.com/mitimasu から転載

Mon, Oct 26
  • 15:58  「小学五年生」「小学六年生」が休刊だって。うわー。……まぁ、大きなお友達も買いにくい雑誌だったからな。
  • 16:11  ミームなネームを Palm で ビームにメールす……いや、しまった、オレはビームと何の縁もないからできない。
  • 16:12  さて、次はネームを fax じゃ。
  • 17:18  飲み会に行ってきます。
  • 23:58  飲み会から帰宅。モテの真髄を見たぜ……。恐ろしかあー。
Powered by twtr2src.

> その他 その他 / キャンプ用ライトを利用した接写用リングライト - TYPE74 【 みんカラ 】 愛車フォトギャラリー

http://minkara.carview.co.jp/userid/388790/car/334134/1359291/photo.aspx

> 更に安価な接写用LEDリングライト - TYPE74 【 みんカラ 】 ブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/388790/blog/12665458/

日本でも売ってるといいが。探してみよう。


コメント

1: ハシカン (2009/10/27 21:15)
昨日はお誘いありがとうございました。

部分的にはかなりコネ活動会って感じでしたね。
結局、編集が原作、作画の長所をブッキングしない限り
仕事としては成立しないので、そういった意味の成果は
期待できないとは思いましたが、私は作家同士
横繋がりがほとんど無いのでああいった場はありがたいです。

ところでwesnothの三人用対戦マップで我ながら
かなり良い出来のができましたので今度また
お相手よろしくお願いします。

2: 桝田道也 (2009/10/28 04:31)
そうですね。集団お見合いみたいなもんですからねえ。

ぉぉ、三人対戦。どちらに付くか口説き口説かれですな。
面白そうです。

3: すぎさく (2009/10/28 05:42)
桝田さ~ん おかげさまで楽しかったで~す 
また誘ってくださいね~

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.