このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009一番槍 | 09.11.12 (木)

日記 2009-11-10,11

彦根城

海鼠壁。

一つ前の日記で > 海鼠塀風ペイントとかでお茶を濁してるヌルいフェイクをやってる建物は反省してほしいわ。 などとエラそーに書いてしまったけど、今日、自分の過去の原稿を見直してたら、 黒ベタにホワイトで格子模様を描いただけでお茶を濁した海鼠壁を描いていた。

すみません前言撤回しますごめんなさいゆるちて。

人にはそれぞれ、事情というのがあるのだ……(限りなく自分に甘い男・桝田道也)

原稿渡して

原稿を渡して朝食をおごってもらって、次回について話し合いとか、雑談とか。

新雑誌の雑誌名を聞いたりとか、いろいろ。私が最初の入稿らしい。一番槍!一番槍!

そういうところでしか目立てないのか。情けなー。

そういえば、高校の時のマラソン大会でもスタート直後に全力疾走して、最初の 100m ではトップに立とうとする人間だった>自分。

運動は全般に苦手だったけど、マラソンはとくにダメでクラスでもビリから二番目、 学年でもビリから十番目あたりだったので、瞬間的にせよトップに立てるのはスタート直後しかなかったから。

もちろん、すぐにバテてトラックを出たあとは歩いちゃうんだけど。よう!最下位グループやっほほーいなんだけど。

上手にペース配分をして通常 400 位が 380 位になったぜ!……よりも、最初だけは輝いていたぜ!を選んでしまうんだな。根っから結果より過程重視なんだな。……だからか(自分について、いろいろな意味で)。

GXR

新製品「GXR」を撮ってみた / GXR情報 / GR BLOG | Ricoh Japan
http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2009/11/gxr_1.html

賛否両論あるみたいですが、わたしは欲しいよ欲しいよ派。でも懐が寒い。 来年の4月くらいにはなんとか……鬼ゲラゲラ。

レンズユニットをぐすぅっと挿したい。挿れたい。ぐすぅっと。

そんでもってだんだん接点が磨耗してときどき起動しなくなって、 ふーふーするのだ。ふーふーしたいぜ、ふーふー。 オレたちァはファミコン世代じゃねぇ、ふーふー世代だ。 プレステを立てたり斜めにしたりした世代よ覚悟しろ!

ふーふーすると、かえって錆びてよくないらしいですが。

twitter.com/mitimasu から転載

Tue, Nov 10
  • 12:25  原稿渡した。私が最初の入稿らしい。一番槍は拙者でござるぞ殿!
  • 17:32  あ~GXR欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい
  • 21:13  寝てる間に肉離れでもやらかしたんだかなんだか知らないが、シェーのポーズをとろうとすると右足に激痛が走る。
Wed, Nov 11
  • 11:48  @rica_com ガッケンフレックスも良いんですけど、フィルムは現像代がかかってしょうがないので泣く泣くスルーしてます。  [in reply to rica_com]
  • 17:27  デジタルデータの整理整頓めんどい。
  • 21:03  ボタンを縫い付けるくらいなら自分でやるぜー!でもソーイングセットどこしまったっけ……という理由で 100 均の必要最低限のソーイングセットを毎回買ってる。もう4セットくらいになる。
  • 23:35  今までに描いた擬音をつらつら眺めてみたら、「くわっ」はほぼ確実に筆描きだった。引き出しすくねぇ……
Powered by twtr2src.

> 東【武蔵野電波のプロトタイパーズ】第22回「プロ並み写真をすぐ撮れるLEDライトセイバー」

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/musashino_proto/20091112_327702.html

あとで、作りたい。

しかし、ブツ撮りの良し悪しがいまひとつよくわからん。

記事の作例を見ても、映り込みがあったり影が落ちてるやつの方が自然で美しく感じるんだけどなー。

光源が映り込んじゃうのは、たしかに私も避けたいと常々思うのだけど、 良し悪しの基準が自然かどうかであるなら、 日常ではありえない光の当たり方をしている方が不自然だと思う。

じゃあ、なんでブツ撮りはそんな光の当て方をするのかっていうと、 ブツ撮りの主目的は“説明”だからなのだと思う。

説明だから、よけいな情報(映り込み)や影による情報の欠落があってはまずい、と、そういうことではないのか?

んだから、企業の製品情報ページのためのブツ撮りと、 一般人がブログに上げるためのブツ撮りの良否のモノサシは、たぶん、ちがうはずだ。

でもまぁ、たまにバシッとカタログに載ってるような写真が自分でも撮れたらなー、とは思う。


コメント

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.