このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009お台場ガンダム | 09.08.07 (金)

夏の日帰り小旅行:お台場ガンダム見物記

みなさま、ネットに多数ころがるお台場ガンダム見たよブログに食傷気味でしょう。 そんなことは意に介さず、遅ればせながら私も見てきたのでこうしてブログに書きますです。

芝公園までママチャリで行き( 25km くらい?)、レインボーブリッジ~ガンダムまで徒歩で行って帰ってきました。ちょっとした小旅行ですわ。

天気予報で晴れるっていうからam 7:30 に出発したのに 10 時ごろには小雨が降る天気に。戻ろうかという思いが頭をかすめた。

レインボーブリッジ

レインボーブリッジ レインボーブリッジ

レインボーブリッジは徒歩で渡れます。無料。自転車不可(ただし折りたたみ自転車は持ち込み可です(おそらく走行は不可))。

ガンダム尋ねて一里

お台場水上バス
「あっ!ザンジバルだ!」
「いいえ、私はガミラス艦です」

お台場自由の女神像
「あっ!ザクだ!緑色だから量産型だ!」
「いいえ、私はただのガミラス星人です」

お台場ガンダム

あ、いた。

お台場ガンダム

到着したけど曇り空

お台場ガンダム

11 時ごろ到着して、もう太陽は真上近くて順光とは言えない上に曇りで陰影のコントラストが弱い。 しかしまー、雨はやんでたし贅沢言ってもしかたがないのでパシャパシャと撮った。

お台場ガンダム お台場ガンダム お台場ガンダム

お台場ガンダム お台場ガンダム お台場ガンダム お台場ガンダム

お台場ガンダム写真はウェブ上にたくさんあれど、灰皿レンズで撮った者はいまい。ふは、ふはははははは。

お台場ガンダム お台場ガンダム

時間つぶし

ライトアップの時間まで時間をつぶすことにした。一人の身軽さですな。連れや家族がいると、なかなかそうはいかない。

会場で、
「お父さん、まだ帰らないの!?(怒)」
と怒られてるお父さん族を何人も観ました。

理解のある家族でも、つきあってくれる限度は例のドライアイスショーの一回までです。 日中ガンダム、夕暮れガンダム、ライトアップガンダムをすべて撮っていたら家庭崩壊必至なので、 最初からどれかに絞ることをおすすめしておきます。

第三台場 第三台場 第三台場

歴史マンガ家らしく、台場を見物。幕末の史跡だけでなく、明治~戦前に設置されたものまでごっちゃになってるところが面白いと言えば面白いんだけど、史料的にはちょっとアレなんでしょうね。

第三台場

こんなマスターソードがささっていそうな場所が臨海副都心にあるというのが面白い。

お台場 潮風公園

潮風公園。福田繁雄オブジェがあるとは知らなかった。

晴れたのでガンダム会場に戻ったのことよ

お台場ガンダム

やはりガンダムは青空の下で映える。

お台場ガンダム

でも午後は逆光。

お台場ガンダム

露出補正を約1段上げて、こんな感じ。背景が白トビしてしまう……

お台場ガンダム お台場ガンダム

コマ撮り

夕暮れ~日没までをコマ撮りしました。

あの、ガンダム以外には屋台しかない空間に3時間(曇ってたときのを合わせると4時間)もいたんだぜー。 コマ撮り中はすることがないので、ただ人間観察してました。

ブロガーらしいOL4人組。

「意外とかっこいいねー」
「ねー」
「ガンダムって飛ばないの?」
「飛べないんでしょ」
「そうなの?」
「宇宙から地球に戻るのは一人でできるけど、地球から宇宙に行くのは自分じゃできなかったと思う」

ファーストを観てないようだけど、意外に基礎知識はあるのか……と思いきや。

「ところでさー、あのあの肩から突き出てる棒みたいなのはなんなの?
「なんだろねー」
「ほら、あれじゃん……ライトセーバー
「あー」(一同納得)

おおおお、おまえらあああああっ!

帰路

レインボーブリッジ

この、お台場ガンダム祭り。勝ち組みがいるとすれば、芸者はべらせながら屋形船から見たやつではなかろうか。

芸者とシャア、ララァ、アムロの三すくみ拳(命名:ニュータイプ拳)で遊んだりしてな。

このあと帰り道、疲労と夜間のために迷いに迷って帰宅まで五時間かかったこととか、 昼間にウイスキーを小瓶一本かっくらったために二日酔いならぬ半日酔いになってゲロ吐きまくって帰ったこととか、職質されてゴミがいっぱい入ったカバンの中身まで見られたこととか、灰皿魚眼レンズを警官に説明するのに困ったこととかは、ささいなことなので詳しくは述べないでおきましょう。


entry.gif このエントリーを はてなブックマークする!


コメント

1: 桝田道也 (2009/08/07 15:22)
いま、ニコ動をざっと見たけど、微速度撮影してる人って、すでにいるな。
それも高画質で……

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.