このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2009大桶を探して | 09.09.29 (火)

板橋区 四葉に大きな桶は今でもあるか?

@nifty:デイリーポータルZ:ちょっと見てきて
[東京都] [母] 板橋区 四葉に大きな桶がいまでもあるかどうか (2008.5.9)
投稿者
林 雄司 さん
どんなところ?
昭和24~25年ごろ、四葉は畑が多く、たくあんを漬けている大きな桶がある農家があったそうです。私の母がその桶がいまでもあるかどうかと言っておりました。お近くのかた、見てきてもらえたら嬉しいです。

http://portal.nifty.com/cs/mitekite/detail/080509063749/1.htm

というわけで、四葉は比較的近所なので、今でも使われている漬物用大桶があるかどうか、探してみました。

畑はまだけっこうある。が……

大桶を探して

着きました。さすがに一面の畑というわけではないけど、 けっこう畑は残ってました。が、

大桶を探して 大桶を探して 大桶を探して 大桶を探して 大桶を探して

かなり回って、四葉を越えて周辺の赤塚や徳丸なども見て回ったんですが、たくあんを漬けるために今も使われてる大桶は、さっぱり見つかりません。

もちろん、今がたくあんを仕込む時期ではないというのもありますが。

そもそも、大根がそんなに植えられていない。今、この辺ではサトイモやブロッコリが人気のようでした。

成長前の冬瓜

成長前の冬瓜がこんなにフサフサだとは知らなかった。

大桶を探して

これは木の桶ではあるけど、園芸用プランターだ。

大桶を探して

ちがう、これは桶じゃなくて籠。

大桶を探して

大きくはないけど、これはおそらく桶のフタの可能性が高い。 こんなのが探してるものにいちばん近かった写真。
……もしかすると糞壷のフタだったものかもしれませんが。

結論:今も使われている漬物用の大桶は見つかりませんでした。

今、使われてない大桶なら?

――そう、何度も「今も使われてる大桶」という回りくどい書き方をしたのは、 「使われてない大桶」ならあるのを知ってたから。

それは四葉から 1km ほどしか離れていない、板橋区郷土資料館内の古民家園にあります。

とうご

これだ。

板橋区立郷土資料館


大きな地図で見る

とうご

とうご

ちなみに私の身長が(四捨五入して) 170cm。 五尺五寸~六尺桶といったところでしょうか。

とうご

とうご

インクがところどころ消えてて、読みづらいので全文引用してみます。

漬物樽(つけものだる = とうご)

 沢庵漬け用の大樽である。 板橋区や練馬区は、江戸時代から練馬大根の生産地として有名で、大半は漬物として年間を通じて重宝された。 ここにある木製の漬物用大樽は、板橋区大門の漬物商が使用していたもので、別名「とうご」と呼んでいる。 この樽で大根4千本以上が入る。

 このような大樽は、最初酒造用に用いられ、次に味噌・醤油と経て、最後に漬物用となった。 100年間は持つといわれ、ときどき竹のタガを取り替えた。 樽の値段は、昭和10年代で新品200円、昭和40年頃の中古の樽では5~10万円であったという。

板橋区大門 本橋金平氏寄贈

昭和 40 年とくらべて現在(平成 21 年)の消費者物価は約4倍だそうです(→昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?:日本銀行)。だとすると、今では中古で 20 ~ 40 万くらいの価値があるんでしょうか。持ってる人がいたとしても、畑に置いたりせずに大事にしまっていそうです。

とうご

雨水対策でしょう、桶には金属蓋がしてあって、少々残念でした。

とうご

とうご

竹のタガは朽ちるがままという状態でした。もう修繕できる職人がいないか、いても修繕費用がかさむのかもしれません。

とうごと蝉の抜け殻

朽ちた竹のタガとセミの抜け殻。侘び寂び?

とうご

これは三年前、2006 年に撮った写真。この頃は右の樽の下のタガが、まだ3本残ってたんですな。

大きな釜も

しょうゆ釜

すぐ近くに、大きな釜もありました。

しょうゆ釜

醤油醸造用の釜だそうです。

結び。畑には無かったけど博物館にはあった。

板橋区立郷土資料館にあるのはわかっていたので、ほんとはそっちを先に写真に撮ったのですが。

小さな樽でもいい、ポリバケツでもいいから、実際に畑に漬物用の樽が置かれているのを発見したかったですね。 でも、季節が漬物を仕込む時期じゃなかった。

季節が冬だったとしても、いまどきたくあんを生産してる農家って、この辺にあるのかどうか…… 自分の家で食べる分くらいは作ってるかもしれませんけど……

大桶を探して

元は畑だったのかな~と思わせる空き地。なごみました。


entry.gif このエントリーを はてなブックマークする!


コメント

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.