このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2010夜ねるとき電気を消すのが怖い | 10.10.16 (土)

日記:2010-10-15

テーブルベンチ

匠の遊び心がステキなテーブルベンチ。八王子城址にて。


悩みが多くて怖い。夜ねるとき電気を消すのが怖い。闇が怖い。

寝ても数時間で目がさめてしまったり、いろいろ精神的にまいってる。 妙な夢ばかり見るしな。

秋だしひとり行楽でもするか。

twitter.com/mitimasu から転載

Fri, Oct 15
  • 04:33  「寝過ごす」という夢を見た。夢の中でまで寝足りないのか。どんだけおねむなんだ自分。
  • 04:35  夢のあらすじ。宮崎駅発の終電に乗って高鍋で降りる予定が寝過ごして妻高校前で目覚める…という夢。なんなんだ。妻線(1984 廃線)なんか乗ったことねーぞ。
  • 08:27  .@shiotu 私に企業秘密があるかどうかは秘密ですw。最初の姫路城や天守が無い小田原城は自分で斜投影図を起こしましたが、以降は基本的に CG トレス。CG モデルは Google 3D ギャラリーを利用して、モデルが存在しないときは自作でした。  [in reply to shiotu]
  • 08:33  Google 3D ギャラリーのトレスについては、利用規約( http://bit.ly/a7Tpr7 )の「所有権>ユーザーの権利>b」に基づき、著作権法的に問題無しと判断。そうでなくても、歴史的建造物の 3D 化に著作権発生の案件である「創意工夫」が存在するかは微妙。
  • 08:36  安土城天守や江戸城天守、大阪城天守などの推測が含まれる復元 3D モデルとかなら、もちろん著作権が発生する。そういうのは揉め事になったらいやだから、たとえ Google が OK だと言っても使用を避ける。
  • 08:38  危険なのは、Google 3D ギャラリーのモデルはそんなに正確じゃないという点。ポリゴン数も少なく、いろいろ省略されてる。資料や自分の撮った写真とも照らし合わせる必要はある。
  • 08:39  ていうか、自分自身、よくわからないところをそれっぽく誤魔化して描いている部分が多い。「いいんだ、学術書じゃないからいいんだ」と自分に言い聞かせながら……
  • 08:44  だからトレスっていってもCGは大まかなアタリを取るのに使うくらいで、細部は資料を見ながら描き起こしになりますな。
  • 08:47  いいかげんな城、いいかげんな日本髪、いいかげんな和服、いいかげんな刀の差し方……etc,etc……やらかした間違いの量じゃちょっとやそっとじゃ負けない!(いばるな)
  • 08:50  「「なんで全員、筒袖なの?」と秋月りす先生が言ってましたよ」……と担当。知らなかったんです和服に丸袖とかいろいろあるの知らなかったんです振袖かそうじゃないかの違いしかないと思ってたんですぁぅぁぅぁー
  • 08:51  作家になるっていうことは生き恥を晒してお金をもらうってことですよ。
  • 08:56  たぶん、これからもドカドカと間違いつづけるんだよ……知ってることと知らないことの境界線はフラクタル構造になってて、すべてを正しく知る日は永遠に来ないんだ……
  • 08:57  ライフルをバズーカみたいにかついだっていいじゃないか まんがかだもの   みちや
  • 09:00  @mizuno_as 単行本の帯コメントたのんでる身でそんなおそれおおいことできませんっ  [in reply to mizuno_as]
  • 09:06  @mizuno_as あ、すいません。昔の話です。浅倉家の二巻の帯コメントが秋月先生だったのです。  [in reply to mizuno_as]
  • 17:54  攻略サイトくびっぴきで、ミナクス倒した。こんなん、攻略サイト無かったら絶対挫折してるわ。
  • 17:55  ラストバトルは、わりと楽しかった。
  • 19:07  ミナクスじゃなくてミクナスだったような気が……と不安に駆られて検索してしまう。何度も!
Powered by twtr2src.

> 良寛庵 in ノルウェー

http://i.imgur.com/bfmp7.jpg

俳句モーメントッ !! (昨日、プ~ねこ1巻を読み返した)


コメント

1: ハシカン (2010/10/17 00:39)
元気出してください。
また遊びましょう。

2: 桝田道也 (2010/10/17 07:21)
うーーーっす!

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.