このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2011パース定規2Eつかってみた動画 | 11.08.28 (日)

日記:2011-08-26,27

動画つくりました。ネタに走ったので参考にはならんと思います。

パース定規2Eは、もう、本当に簡単で使い方を解説する必要ないと思ったので。

web 上でも公開されているマニュアルを読めば、使い方わからんってことはないように思えるけどなぁ。

  →「パース定規2E」の使い方マンガ(PDFファイル 3.4MB)
  http://www.too.com/products/pers2e/pdf/pers2e_manga.pdf

パース定規で描いた R-Type 風エンピツ画

ゲームの『R-TYPE』をイメージした絵ってのは、説明しないと伝わらんかな?

ノープランで、その場の気分で描いていったにしては、こんなものだろう。

動画のラストでいいわけした通り、視点に対して正対する建物と 45 ℃の建物で水平線が微妙にズレてたのに、あとから気付いた。色気出して角度を変えたりせず、ぜんぶ正面向いた建物で良かったんや……画面に統一感でるし……

「か、描けないから避けてるわけじゃないんだからねっ!」
と見えない敵と戦おうとするからこうなる。 (そして、描けてないし)

仕事だったら(締め切りが許すなら)直すのだけど、これは遊びなので失敗を失敗のまま晒してます。

開発中に、
「定規のサイズは A4 と、細長い B5 と、どっちがいい?」
という話があって、個人的には片付けしやすい方がいいと思ったので A4 かなぁと答えたのだけど、使ってみたら
「もうちょっと長かったら……」
と思う局面が多かったので、悪いこと答えちゃったかも……と思ったり。

でも、やっぱり片付けのときに困るだろうしなぁ…… 大きいテンプレートはそれだけ、うっかりひっかけたり踏んだりして壊してしまいがちだ。 (片付けられない人間ならではの意見)

パース定規2Eがヒットして、A3 版とか 1.2m ~ 4m 先の消失点を求められるやつとか 姉妹品が出れば良いと思ったです。

twitter.com/mitimasu から転載

Fri, Aug 26
  • 13:17  この指摘から出版業界が重い腰を上げるまで五年かかったのかー。→"MORI LOG ACADEMY: ハードカバーと文庫 | http://t.co/wbzbc4R" / 京極さんと宮部さん、複数形態で書籍同時発売 (読売新聞) - Y… http://t.co/OQT2eof
  • 15:17  新しい給湯器に交換おわり。なんか前の給湯器は断線してつないだらしい箇所がいくつもあったらしいから、寿命ってことでいいんだろう。新しいのは温度指定が出来るので嬉しい。今までのはできなかったんよ。いまどき……
  • 15:30  墓穴をひっくり返したようなホネが降りしきるゲリラ壕撃つ
  • 15:53  一転にわかにかき曇り、雷鳴とどろき、タコ殴りの海女が頬を打ち付けてきた。傘がまったく役に立たない。
  • 16:22  @miyasa 尼でもよかったんですが、武器持ち筋肉系ジョブで。  [in reply to miyasa]
  • 16:23  お、dpz 採用された。やたっ♪
  • 16:39  新しい給湯器になって、最初のシャワー。欲しい温度のお湯がノズルから出るという平成の当たり前が、こんなに快適とは。
  • 16:41  雨、ザバッと降ってパッとあがるのかと思いきや、弱雨でじょびじょびつづくのな。中年のしょんべんか。
Sat, Aug 27
  • 10:17  蒲田第一中村製作所の放出した放射性ゼビウスはナムッ子に蓄積され、三十年を経て半減してないことが判明したという。
  • 18:35  動画つくった。たぶん役に立たないので期待せずに見ると良い。 / パース定規2Eを使ってみた。 ‐ ニコニコ動画(原宿) http://t.co/vcSA8cs
  • 18:45  @mizuno_as アレクセイ・パジトノフってマンハッタン計画のメンバーにいそうな名前ですよね(偏見)  [in reply to mizuno_as]
Powered by twtr2src.

> The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D Chalk Art Time Lapse

仕事が速い。すごい。でも、やってることは元絵の手作業コピー。

いろいろ考えさせられる。すくなくとも実質的に拡大コピーである以上、この絵は作品としての芸術性は低い。レディメイドっつーコンセプトがあるわけでもないしね。

でも、ここにある技術は賞賛・感嘆せずにいられない。スーパーリアリズムとかもそうなんだけど、人間の限界に挑む手仕事の技術はそれはそれで感動を呼ぶ。

現代の美術は、そういう技術のみの創造性の少ないものを低く見る傾向にあるけど、どうかな。

しかしまー、手仕事の正確さってのはアホほど訓練すればアホでも上達するけれども、 創造性ってやつはできない人間にはいくら教えてもできないんで、希少性という側面から考えると、しかたがない面もあり……

とはいえ、コンピュータとネットの発達により、創造性の希少価値は著しく下がったんで、 これからは技術力とライブ性がお金を生む時代なのではないかと思う。 私みたいな思い付きを売って生きている人間には住みづらい世の中とほほ。


コメント

1: ハシカン (2011/08/28 20:42)
し、、、下に走りましたね。アハハハハ
特にミッキーマラスなんかもう…。w

2: 桝田道也 (2011/08/29 05:29)
すみませんすみませんwww

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.