このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/20110.039 人前 | 11.09.21 (水)

日記:2011-09-20

高林給水塔

高林給水塔。先月の旅行記では貼るのを見送った別角度からの写真。どの方向から見てもかっこいい。(円筒形なら、そりゃそーだろ)


幕末掃苔屋さんがサイトを開設しておられたので。

幕末掃苔屋 トップページ
イラストは私が描かせていただいてます。

北から南まで、ほんとまあ、すみずみまで行ってらっしゃっててすごいです。 ご本人は、
「世の中にはもっとたくさん、万単位でお墓をを訪ねてる人がいる」
と謙遜してますけど、日本の歴史上の偉人という縛りの上で、あの訪問量は凄い。

私も、もうちょっと城址を訪れたい。小さな城址を含めても現在、写真を撮ったのが 39 箇所。 写真を撮らなかったり、城に興味を持つ前になんとなしに訪れたものを含めても 50 いってない。

「なにごとであれ、コレクションというものは 1000 を越えて一人前」
というのは、星新一氏が日本モンキーセンターの所長から聞いたという言葉だけど、 その定義に従えば、私は 0.039 人前かー。

集める対象の母数や難易度を考慮しない乱暴な定義であるけど、まぁ、こういう言葉は数値にそれほど重要な意味はない。 スタージョンの法則の、その数字のソースは?と聞いても意味がないのと同じくらいで。 ちょっと齧った程度でいきがるなよ、お若いの……的な言葉なんだな。

気をつけよう。

海外の画像掲示板を見てたら、ゼルダ 25 周年の影でサムスが
「誰もあたしの 25 周年を祝ってくれない……」
と泣いているマンガがあった。

メトロイドは海外じゃもっと人気がある、みたいな話を聞くけど、それほどでもないのか。 良いゲームなんだけどねぇ。

モーフボールや爆風でジャンプとか、オリジナリティのあるアイデアも多い、良ゲーではあったのだけど。世界観とエンディングで露骨にバラデュークをパクりすぎたせいで、 当時のナムコ信者の多かったゲーム雑誌のライター達に嫌われたんじゃないかと思う。 ラスボスのデザインもありがちといえばありがちなんだけど、当時としてはグラディウスのマネ?という疑念をぬぐえなかった。

まー、初代ゼルダだって、画面切り替え式+理不尽な謎解きという、ハイドライド+ドルアーガ臭がすごいんだけど。

SFC 版で理不尽な謎解きをやめて物語性を高めてスタイルを確立できたゼルダと、 ヒットラーの復活っぽいワイヤーアクションなんかもあって面白いんだけどやっぱりうーん…と思ってしまうメトロイドで、シリーズの印象が固定化されてしまったなぁ、と個人的には思う。

それでも、終盤のベビーメトロイドたちがうようよいるあのゾーンのドキドキ感は、ゼルダには無い面白さ。つっても初代と SFC 版しかやってないんだよな(しかも初代をプレイしたのはファミコンミニ版)。フュージョンとか中古で探してみるか…。 (プライムとかアザーMには食指が動かない老害ユーザー。)

twitter.com/mitimasu から転載

Tue, Sep 20
  • 14:56  幕末掃苔屋さんがサイト開設しておられたので。 http://t.co/NTWMHaou イラストは恥ずかしながら私が描いてます。
  • 15:08  http://t.co/knyI8koi ←こいつ最高にアホ(リンク先18禁エロ注意)
  • 22:33  『極細うどん』というのが売ってて安かったのでまとめ買いしたけど、正直、冷麦との区別がつかない。(見た感じ、直径 1.5mm くらい)
Powered by twtr2src.

> G-1 Pool Table in Siana Valley Restaurant - Fortitude Valley, Brisbane - YouTube

スケルトンなビリヤード台。ラシャ貼りのテーブルと摩擦係数がぜんぜん違うんでないかい?と思うけど、屋外スポーツは土地や天気でグラウンドの状態が変わるのが当たり前だし、 屋内スポーツだって、ローカル・コンディションがあってもいいのかもしれん。ちがうのかもしれん。

強化ガラスなんだろうけど、この台でマッセをやるのは怖そう。

スケスケデザインは大好き。コンピュータなんかがスケルトンなのはそれほど魅力はないけど、 フラットクリンチクリスタルのような、中でモノが動く仕組みが見えるガジェットは大好きだ。 インクジェットプリンタとか、スケルトンモデルがあったらすごい欲しいのだけど、 あの iMac ブームのときも結局、出なかったような気がするな……。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.