このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

感想文/ノンフィクション『日本の奇勝百景』 | 06.05.11 (木)

写真集『日本の奇勝百景』(中西栄一) 感想

奇景・秘境系の写真資料をときどき買いたくなります。 手元にあればSF・ファンタジー系のマンガを描くときに重宝するんじゃないかと思って。 そんな機会、今まで皆無に等しいんですけど。チクショー。

で、この本。基本的には奇岩・侵食岸壁系が9割。 奇勝百景とあるけど、どっかの役所だか雑誌だかが決めた「日本の奇勝百選」があるわけではないらしく、 あくまで著者の選んだ百景の写真集。

ほんの数枚ながら奇岩・岸壁を離れて 「富士山」(超有名)だの 「投入堂」(絶壁に建てられた神社)だの 「軍艦島」だのが入っていて、あくまで
「著者がグッときちゃった物件」
の100選らしい。 だもんで、この百景が妥当なのかどうかは不明。

いちおう、その県の人には有名なものが、各県から1~3ヶ所選ばれている感じだと思う。 こういうのって他県の人間にはあまり知られてないんですよね。 けっこう、
「へぇ~、こんな場所があるのか~」
と興味津々で楽しめました。

kisyo.jpg
(C) 中西栄一

「オッパイ岩」(熊本)、だそうで。横からも見てみたい感じです。

自分は写真の良し悪しはわからない人なんですが。 彩度高めコントラスト強めのパキッとした写真が多い。 個人的には好みの写真。 芸術系ではなく、実用系といった印象ですね。

なにより良いのがA5ソフトカバーであるところですかね。 写真集ってハードカバーだったりむやみに大きかったりして、 資料のつもりでホイホイ買ってると邪魔になって困るから。 A5なら資料としてギリギリ使える大きさで、 旅行にも持っていける小ささ。ちょうど良いんです。

(人によっては資料としては小さすぎ、 旅行に持っていくにはポケットに入らずで、 中途半端と思うのかもしれませんが……)

奇岩や断崖絶壁が好きな人にはオススメだと思います。

『日本の奇勝百景』

ad_image
  • 著者:中西 栄一(写真・文)
  • 出版:東方出版
  • サイズ:A5判 / 114p
  • 税込価格:¥2,100 (本体:¥2,000)

Amazonで詳しく見る | bk1で詳しく見る


.

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.