このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

製作物のぼりを裏から見たら日本語なのに外国語を読んでるような感覚 | 13.09.30 (月)

裏のぼりの世界

日本語を知らない言語のように聞いてみたい
http://sonicch.com/archives/29098517.html
…という、2ch まとめがありましたが。

これをシャチ鍋と読み間違えてから、「裏から見たのぼり」が面白いと思って、ときどき撮ってました。

日本語なのに知らない外国語を見てるような、それでいて読めるような読めないような感覚が面白くて。

まだ、収集したと言えるようなレベルじゃないんですけど、

店頭のぼりには野心がある - デイリーポータルZ:@nifty
http://portal.nifty.com/kiji/130927161912_1.htm

を見て、主旨はちがうけど、のぼりを撮ってる人が他にもいた!と喜び、便乗した次第。

読み間違えてしまうもの

×うそまさこし うつうまあま~い ○とうもろこし とってもあま~い

×理系直売所 ○野菜直売所

×りさっしゃいまサ ○いらっしゃいませ

×盆髪城 ○盆提灯 (右隅は反転画像)

×ブアシモ ○ビアンテ

× MADカラオケ営業中  ○ DAMカラオケ営業中

×シャチ鍋 ○シャモ鍋

×リューマの村日 ○リョーマの休日

×旨塩モキンパリパリ うすいさき揚げ ○旨塩チキンパリパリ うすごろも揚げ

読めるもの

読める!読めるぞ!

「冷し中華」の部分は難なく読める。

うん、読める。

すらすら読めて逆に怖い。どんだけ脳内に刷り込まれているのか、このフレーズ。

読む気にならないもの

たぶん、おもてから見ても読む気になあない。

おしまい。


コメント

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

sub section