このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

製作物my Logos | 05.02.17 (木)

my Logos

自作ロゴ集。

oldsite-logo.png
旧サイト名ロゴ。1997年。2文字目の左右はもう少し詰めるべきだったか。 まずまず、いいロゴのような気がする。

asakura-logo.png
浅倉家騒動記の雑誌掲載時のロゴ。2000年作。デジタルなデータが紛失していた。 以前、HDDがクラッシュした時に消えたのだろう。
CD-Rを漁ればバックアップが見つかるかもしれないんだけど、 面倒なのでモーニングからスキャンした。ので、多少ノイズが入った。
ダイナフォントの極太楷書体をフォトショップでアレコレしただけ。 出来たロゴを担当さんに渡した後に、字間調節をまったくしなかったことに気が付いた。
が、直すのも面倒なのでそのままずっとこのロゴを使いつづけた。 自分にはデザイナー資質が完全に欠如しているな、とつくづく感じた。

motikomi-logo.png
アーリーモーニングに載ったやつ。2003年。続きを描く気マンマンだったんだけどなママン。
雑誌も続かなかったし、俺のアンケートも悪かったし、仕方がないよねパパン。
 半角カナをベースに、キツキツの字間にしたのは狙って。字間ゼロならあまり悩まなくていいから。
「チ」と「コ」の間や「ニ」と「ケ」の間がゼロ以下になってるように、 単純にくっつけただけじゃなくてさすがに多少の調節はしてるんだけど、それでもラクはラクだった。
あんまり作品の内容に合ったロゴじゃなかったな。

gamechan-logo.png
スピリッツ掲載。2004年。 このロゴのためにわざわざフォントを作ったけど、 「ゲ」と「ー」と「ム」と「ち」と「ゃ」と「ん」 しか作ってないから公開できん。いずれ補完したいけど、いつになるやら。
 ほどよい字間調節を目指してアレコレやって、うまくいかないのであきらめた。 いま見返すと「ゲ」と「ー」のあいだをもう少し空けて、 「ち」と「ゃ」のあいだをもう少し詰めるべきような気がする。
けど、実際そうやってみるとまた違う気がしてくるんだよな。
 字間調整の基本がわかってねーっす。 デザインの授業、15週のうち4週くらいしか出なかったしね。
そのまま中退したしね。 ちゃんと勉強したい。
 デザ現のタイポグラフィ特集の号に、悪い字間の例と良い字間の例が挙げてあるんだけど、 それぞれの論拠は書かれてないんだよな。
>前者は窮屈な感じがする
つって、主観によるあいまいな表現に終止してて。
ようするにセンスってことで理詰めな根拠は無いってことなんか? 困る。だって俺、センス無いから。

sub section