仲平豆を作ってみた

宮崎の偉人、安井息軒が勉学に励んだときに、 食費を切り詰めるために作って食べたという「仲平豆」を作ってみた。

もどした大豆を塩と醤油で煮るだけ。味付けはかなり塩辛く煮る。

  • 味が濃いので少ない量でゴハンがたくさんたべられる
  • 塩分濃度が高いので腐りにくい
  • 大豆の煮え具合で、おおよその時間経過がわかる
  • 調理に手間がかからないので、勉学に励める

と、いいことづくめ。こればっかり食べていたので、この大豆を煮ただけの料理はいつしか学友から「仲平豆」と呼ばれ(仲平は息軒の本名)……栄養失調で体を壊してしまいましたとさ。あたりまえだ。

で、これを作ってみたんですよ。煮るだけだから、まあレシピもなんもなく勘で。 作ってみたら思いのほか旨くて。酒のツマミに非常によさそうな旨さ。 塩茹でピーナッツっぽいというか。

考えてみりゃ未成熟な大豆である枝豆の塩茹でが、あれだけビールに合うんだから大豆の塩茹でだって旨くて不思議はないのか。

〝庖丁を使わない・片付け簡単〟をクリアしてるから、〝これ以上簡単な料理はない。しかもウマイ〟の候補に挙げられるかも…と思ったけど、大豆をもどすのに一晩かかるから、やっぱりそう手軽ではないかも。

森鴎外 安井夫人

図書カード:安井夫人 – 青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/card696.html

<あらすじ>
仲平は勉強はできるけどチビでブサで隻眼で三十路。
 ↓
お嫁さんほちいなー。
 ↓
従妹(いとこ)の姉妹のどちらかかなー。
 ↓
姉の豊は二十歳で器量は人並み。妹の佐代は地元で評判の美少女16歳。
 ↓
はたして仲平の恋路やいかに!

喪男の妄想のような展開を地で行った男・安井息軒。

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178