箱型カメラでたのしく遊んでみた

『たのしく箱型カメラであそぼう!』でたのしく遊んでみた

箱型カメラ+接写

コクヨS&T おもしろ探検隊『たのしく箱型カメラであそぼう!』で、秋休みの自由研究をやってきました。

Amzzon の商品紹介ページにあった、この写真
amazon
に惹かれたんですよ。これ、デジカメ突っ込んで接写できるんじゃないかと。

ちなみに付属の印画紙で撮った写真はこんな感じになりました。

青写真

なんだかよくわからないと思いますが、神社です。和光市白子3丁目の豊川稲荷神社。

いわゆる、青写真というやつなのだと思います。 現像は現像液を用いず感光させた印画紙をアイロンで熱するだけ。 仕組みはよくわかりませんが、子供でもできるお手軽現像。来年の夏休みの自由研究にいかがでしょうか(気の長い話)

しかし、撮影(感光)に約一時間かかります。ビバ19世紀! 子供が写真の仕組みを学ぶのにはいいかもしれないけど、 大人が趣味としてやるには、すさまじく時間を持て余している人以外には不向きな気がしますね。

そこで文明の利器、デジカメですよ。 この箱型カメラ、画像が紙筒内のトレーシングペーパーに投影されるので、 それをデジカメで撮ってしまおうという算段です。

テストで最初に撮ってみたのがこちら。

箱型カメラ+接写

こんなんでも ISO1600+長時間露光してます。深夜の室内。光源は蛍光灯のみ。どうもえらく光量が必要なようで。

箱型カメラ+接写

テストその2。非常に夕暮れっぽい写真ですが、これでも11月の午後3時やや曇天。

まあ、晴天の日中ならなんとかなりそうだと踏んで撮りまくってみることにしました。

my_undai.jpg
撮影のために、こういうものを用意して。
nejiana.jpg

うは。バルサ!段ボール!ボール紙!小学生だ!ここに小学生がいるぞー! こんなん大人の工作じゃねー!

つーか、バルサが柔いからカメラの重みで、だんだん傾いできやがんの。雲台として役に立っていない。もうちっと強度とか考えて作れよ>自分……

まあ、それはそれとして。レッツ la ゴー!

箱型カメラ+接写

最初の青写真と同じ場所。この写真を見て気が付きましたけど、青写真のやつは左右が逆になってるんですね。

ちなみにこの箱型カメラ、凸レンズが一枚のみなので、トレペに写る図像は上下が逆さまになってます。アップした写真はすべて180度回転させたものです。

箱型カメラ+接写 箱型カメラ+接写 箱型カメラ+接写

和光市下新倉5丁目あたりの小さな神社。最後のはおざなりに確認して、撮れてるつもりでいた。 帰宅して見て、なんだかわからん写真だと思った。

箱型カメラ+接写

新河岸川。なんかピンボケすぎて思い出の原風景みたいな写真。

箱型カメラ+接写

ピントを合わせてもこの程度なんだけど。

広告
広告

箱型カメラ+接写

新河岸水再生センター。工場写真というものは、やはりディティールが克明に撮れてないと面白くないみたいだ。

箱型カメラ+接写

ガスタンク。こういう、細部が不明瞭でもそれがなにかわかる物が向いていそう。

箱型カメラ+接写

板橋清掃工場煙突 。プラスチックレンズっぽい発色。

箱型カメラ+接写 箱型カメラ+接写

高島平図書館前。二枚目のピンボケッぷりが凄い。油絵のようですらある。

箱型カメラ+接写

赤塚公園噴水。流れ落ちる水が水に見えない。ステンレス柱が何本も立っているように見える。

以上。被写体深度が浅いせいか、全体にチルトレンズで撮った写真っぽいですね。

子供とか動物の写真も撮ってみたかったんですけどね。 なんせセッティングが手間取るのと機材がアレなので、なかなか……。

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178