小説:池波正太郎 『おれの足音』の感想

『おれの足音』(池波正太郎) 読了

なるほど。まっとうな歴史モノとはこういうものを差すのか (歴史物はほとんど読んだことのない奴>自分)

誰もが筋を知っている話を、ぐいぐい読ませるように書く手腕が凄い。

実ははじめて池波正太郎を読んだのだが、性描写が多くて意外だった。 しかも下手なポルノ小説より興奮する圧倒的な描写力。 もっともソレを目的として書かれてはいないのでオカズにはならなかったが(←試すな)

醜女と中年太りのオッサンのHシーンを魅力的に描写できる、 ってのは小説の特権だなぁと感心しきり。

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178