原点回帰のインド風建築 築地本願寺(東京都中央区)

大晦日は築地本願寺へ

昨年末は帰省せず、両親が上京してきました。 で、せっかくだから東京見物、どこ行こう?ってことで、 私の希望で築地本願寺へ。本人らの希望を聞けよって感じですが。 いや、でも、まぁ東京の面白スポットではあると思うので。

築地本願寺(東京都中央区)

東京都中央区。畏れ多くも日本の帝都・東京の、その中央。

そこに鎮座なされている本格的古代インド風寺院。 それが築地本願寺。

建築家は伊東忠太(→ウィキペディア)。 法隆寺の支柱の膨らみはギリシャ建築がルーツ、日本はシルクロードの終着点……なる説で有名ですな。学校で習ったような記憶がありますな。

学問的には立証されていない – とウィキペディアには書かれていますな。にべもないですな。

しかし、正午前に行ったらものすごい逆光。寺院自体が北西を向いているので、 昼前後には逆光になってしまうのですよ。 まいった。

築地本願寺(東京都中央区)

おお、2009 年の干支!背中のあたりの肉がボリュームありすぎてラクダみたいになってるが、気にしない!

築地本願寺(東京都中央区)

ウマー

築地本願寺(東京都中央区)

インドといったら象。それは「なるほど」と言ったら「ザ・ワールド」と同じくらい強固なタッグ。

築地本願寺(東京都中央区)

しかしこちらの象はえらくハリボテっぽい上に変な眉毛まで……。 この眉毛は誰か不心得者がラクガキしたのだろうか?不謹慎な。

インド本国に置いては白牛と白象はどっちがえらいんだろう?

築地本願寺(東京都中央区)

「宋時代」って書いてあるから中国の菩薩像か。 日本の菩薩観と違っていかめしい感じがする。 惑星開発委員会“シ”の手先という感じだ。

築地本願寺(東京都中央区)

外観はインドインドしてるのに、 本堂の祭壇あたりはとっても和風。だって日本のお寺ですもの。

築地本願寺は外観も良いけど、中も良いんだよね。

広告
広告

築地本願寺(東京都中央区)

本堂からドア一つ隔てて通路に入ると、このまったり具合。 昭和生まれの人間にはたまりませんわん。なごむ~。 はじめて来たとは思えないほど落ち着く~。

築地本願寺(東京都中央区)

控え室だか待合室だか。こんな雰囲気の良い場所なら一日中ダラダラできる。

ていうかどっかのおばちゃんが超熟睡してるし。

築地本願寺(東京都中央区)

ふはは、ホログラム如来程度の怪しさでは、このまったり空間はビクともせんわーっ!!

一人で来てたらもっと舐めるように見てまわったんですけどね。 そうもいかず、パイプオルガンを見るのも忘れました。また今度来よう。

築地本願寺(東京都中央区)

なにかのフタ。いちいちかっこいい。

築地本願寺(東京都中央区)

築地本願寺(東京都中央区)

ともあれ、写真を撮りたいなら時間を選んで行くべきっすね>築地本願寺。

築地本願寺なので、こんな感じのお坊さんがいらっしゃるかと期待しましたが、いませんでした。おわり。

このあと、なにも知らない私が
「せっかく築地だから魚が食べたい」
とのたまってしまい、大晦日の築地の阿鼻叫喚の中へ……

パパママごめん。

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178