目玉焼きになにをかけたっていいじゃない

24 ゆず胡椒 2019-04-09

辛いの、そんなに得意じゃないんで、ゆず胡椒のビン詰めが冷蔵庫のこやしになってるんですよね……。使わなきゃ運動。
ゆず胡椒

LEEは辛さ10倍しか食べたことないです。いちおう頑張って食べきりましたけど、べつに辛いのが美味しいとは思わないので、20倍や30倍に挑戦したい気持ちはまったくわかないですね。

あ、目玉焼き+ゆず胡椒の味の感想ですか?

からかったです。

ちなみに大失敗した料理を辛さでごまかして泣きながら我慢して食べるためのエマージェンシー調味料としてゆず胡椒は超有能だと思ってます。 煮ても焼いても食えない味付けのものが、ゆず胡椒をドバドバぶちこんだら鼻をつまんでなんとか食べられるレベルに回復したことが、何度かありました。 もう、そんなレベルの失敗料理だったら、食わずにぜんぶ捨てちまえ、という気がしないでもありませんが。

23 五香粉 2019-04-09

五香粉。香りはたしかにいいし、これかけたら急にシャレオツ中華な感じするけど、味自体は別に、これかけたらバツグンに美味しくなるってもんじゃないよね。
五香粉

思うに五香粉という名前が勝ちすぎているのだ。ウーシャンフェン。なんかトキメキしてしまうのだ。しかし、マルチスパイスだの万能香辛料とか言い換えたら、とたんに安っぽくなる。

22 粉チーズ 2019-04-07

目玉焼きに何をかけてもいいという趣旨の本記事ですが、個人の感想を正直に述べますと、粉チーズは残念な味だったと思います。
粉チーズ

パルメザンチーズですらない、卵白で量を水増しした安物の「粉チーズ」だったからかもしれません。ちがうかもしれません。

21 粉末ピーナッツ 2019-04-06

うん。美味しくもなってもいないが、邪魔というわけでもない。完全なるプラマイゼロ。
粉末ピーナッツ

20 アガベ蜜 2019-04-05

テキーラの原材料であるアガベをテキーラにせずシロップにして売るという世界を破滅に至らせるとんでもない悪行の成果物。その名もアガベ蜜。(酒飲みの感想です)
アガベ蜜

たまには甘い目玉焼きもよかろうと思って。

なんでアガベ蜜なんていう小生意気なものがあるかというと、それはやっぱりテキーラの原料であるアガベの蜜とやらは、どんなもんなんじゃろかい?という好奇心があったので。

そんなに高いものでもなかったし。

アガベ蜜の味?バカ舌の私に聞いてもムダですよ。甘いねえ、蜜だねえ、という以上の感想はないです。目玉焼きは甘くておいしゅうございました。

広告
広告

 

19 大根おろし 2019-04-04

二年前の目玉焼き写真を消化して、2019 年に戻ってきました。
大根おろし

大根おろしの水分で、全体にべしゃべしゃでした。食べにくいし。これが「目玉焼き丼」とかなら、大根おろしがあることで、
「モッ!最高!」
となるんでしょうが、単体の目玉焼きにはちょっとミスマッチでした。

固焼きで、目玉ふたつくらいの目玉焼きには合うかもしれないとは思いつつ。

18 山椒とライムジュース 2018-05-13

これも撮った&食べたのは2年前。2017年5月13日。 山椒とライムジュース

このころ、ライムジュースのボトルがワゴンセールしてたんですよね。以来、見かけず。買いだめしとけばよかったー。賞味期限がどんくらいか知らんけど。

あ、味ですか?塩気が欲しいと思った記憶があります。そもそも、山椒があんまり好きじゃないんですよね……(なら、なぜかける?というか、好きじゃない調味料を持つな)

まあ、ものによるというか、山椒が相性良いと思える食べ物もありますので。天ぷらとか天ぷらとか天ぷらとか。

目玉焼きとの相性は、悪くもなく良くもなくでした(個人の感想です)

17 ザ-サイのみじんぎり 2017-04-16

これも撮った&食べたのは2年前。2017年4月16日。 ザーサイのみじんぎり

味は、ザーサイが勝ち過ぎたような記憶がある。が、二年前ですしね。記憶違いかもしれないですし。

16 ヴァニラ・エッセンス 2017-04-17

お菓子作りする人なら知っていると思いますが、ヴァニラ・エッセンスは匂いは甘いけど味はちょい苦です。
ヴァニラ・エッセンス

だから、それを踏まえていればギャップ萌え的に、ふんふん、こういう味ね。なるほどなるほどと楽しめなくもないのですが、ありていに言えば、決してこれだけを卵にかけて美味しくなるものではないぞ、というやつですね。

これも、二年前に撮って食べて、放置してた写真です。

うp用にファイル名(英語)をつけるとき、スペルで悩まなかったのは、某宣伝カーの、あの曲のおかげ。代償に、いま頭の中で、あの曲がリフレインしています。あなたにそっと、おすそわけしたい、この気持ち。

15 おろしショウガとグレープシードオイル 2017-04-16

作って食べたのは二年前。なので味はよく覚えていない。
おろしショウガとグレープシードオイル

写真がピンボケ。それでなんとなくこのエントリの更新が楽しくなくなっちゃって、止まってしまったんだな(2017年6月~2019年3月)。

グレープシードオイルってのは、ほぼ無臭の油。よく言うと素材の味を邪魔しない、悪く言うと味に個性のないつまらん油。 なので、これは目玉焼きにおろしショウガをのっけただけの味だったと思われる。

じゃあなんで、かけたんだ?って話だけど、ちょうどそのころ家にグレープシードオイルがあったというだけのこと。

14 練り梅 2019-04-03

魚の形になったのはまったくの偶然の産物です。味はイマイチでした。
練り梅

13 ラードと醤油 2017-05-28

ちょっと醤油かけすぎたので、写真を撮った後、醤油を少し捨てたりした。
ラードと醤油

12 おろしショウガとおろしニンニク 2017-05-11

ショウガが入ったら、だいたい失敗はないと学んだ(ソースは主観)。カメラのレンズが曇って、エロティシズムのある写真になった(ソースは主観)。まあ、ソースはおろしショウガとおろしニンニクやったんやけどね。
おろしショウガとおろしニンニク

11 無添加ピーナッツバター 2017-05-09

無添加なので砂糖や塩が加味されていない、純粋なピーナッツペースト。伸ばしにくいし、濃厚なピーナッツの味が、いまいち卵に合わなかった。
ピーナッツバター

10 えび塩と干しエビ 2017-04-20

これ美味いやろ!……と期待させといて、実は口のなかパッサパサになるし、期待ほど美味しくないやつ。
えび塩と干しエビ

9 粒マスタードとノーマルマスタード 2017-04-15

1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ!10倍だぞ10倍!
粒マスタードとノーマルマスタード

冷蔵庫の奥に、何年前に開封したかわからないような粒マスタードのチューブがひとしぼり残ってた。処分をかねて、こんな食べ方をした。写真で、不気味な色に変色してしまってる粒マスタードを見て、おいしい/おいしくない以前に、お腹こわさなくてよかったな、と思った。

8 おろしショウガと味噌 2017-04-13

美味い。江戸時代の江戸に目玉焼きがあったらこんな食べ方だったろう。ついでにキュウリスティックとかも欲しい。あと冷酒。
おろしショウガと味噌

7 ゆず塩とオリーブオイル 2017-04-12

ゆず塩は米子で買った自分用おみやげ。普通の塩+オリーブオイルは、わりと自分の中では定番の「目玉焼きにかけるもの」だ。

6 新タマネギみじんぎりと醤油 2017-04-11

目玉焼きに何をかけてもいいと思う。が、タマネギのみじんぎりを用意するのは、目玉焼きごときのためにしては大げさすぎる(個人の感想です)
新タマネギみじんぎりと醤油

5 ナムプラ 2017-04-10

シンプルにナムプラのみ。十字に切れ込みを入れたのはナムプラが流れてしまわないように。
ナムプラ

タイだと目玉焼きになにをかけるか論争は塩かナムプラかケチャップか、であって醤は4番手以降な気がする。ましてや日本の醤油なんて……と思うと、奥が深い。

4 チョコレート 2017-04-09

これがほんとのチョコエッグwww。チョコには『チョコレート効果86%』を使用。卵とチョコなんてお菓子の材料だから不味くはないのだけど、中途半端に溶けたチョコが歯にくっついて食べづらかった。かといって冷めた目玉焼きもどうかと思うしねえ。
チョコレート

3 塩・こしょう・ライムジュース 2017-04-08

「私が目玉焼きにかけるもの」で打線を組んだら、下位打線にはなるけどベンチ入りは確実なやつ。塩はときどき抜いて、こしょうとライムだけってこともあるかな。
塩と胡椒とライム

2 もみじおろし 2017-04-06

チューブのもみじおろし。思ったより辛みが控えめだった。これっぽっちの量だと卵に押し負ける感じ。写真はピンボケしてもうた。
もみじおろし

1 青のりとカレー粉 2017-04-06

見た目はあんまりよくないね。あと、ちょっとむせる。
青のりとカレー粉

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178