マイアトリエは絵描きの夢! 中村彝アトリエ記念館(東京都新宿区)

中村彝アトリエ記念館はいいぞ

訪問日は 2015 年 10 月 17 日。
中村彝アトリエ記念館 外観

このエントリは、たまたま新宿区下落合をブラブラしてて、
「へえ、こんなものがあるのか」
と思って入ってみたら、非常に、非常に、とっても良かったという話である。

他のスポットと抱き合わせではない、単独エントリということで私の推しを感じ取っていただきたい。

訪問から2年が過ぎたが、この日の感動はまだ色あせていない。いまなお、写真を見返すと余韻にひたれる。

ただし、それほど感動できたのも、私が今まで、歴史的な有名画家のアトリエを見たことがなく、これ以後も特に見ていないからという特殊な事情のせいかもしれないことは、一応のべておこう。

中村彝《つね》。絵を描く人間のはしくれとして恥ずかしいかぎりだが、この日、訪問するまで私は名前を存じていなかった。大正期に活躍した画家で、肺結核のため 37 歳で亡くなった。

  >中村彝 – Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%BD%9D

名前は知らなかったが、ふたつかみっつくらいの作品には、見覚えはあった。教科書かなんかで見たのかなあ、程度に。

そんなレベルだったから、入場料が無料じゃなかったら、足を踏み入れなかったかもしれない。

  >新宿区立中村彝アトリエ記念館-新宿歴史博物館
  http://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/tsune/40357/

正直、建物の外観には感銘を受けなかった。
中村彝アトリエ記念館 外観

このドアノブの味わいに、ちょっといいな…とやや好印象を持って中に入った。
中村彝アトリエ記念館 ドアノブ

そしたらこれだ。うわーーーーー!!!いい!!これはいい!! 中村彝アトリエ記念館

 

斜光を取り入れる大きな天窓!!!うわーーーーーっ!!!
中村彝アトリエ記念館 天窓

このシンプルな椅子!!!欲しい!このデザインで欲しい!自分で作れそう?そうかも!!!
中村彝アトリエ記念館 椅子

こっちの椅子は私の好みじゃあ、ない。
中村彝アトリエ記念館 椅子

はあああああ床ァアアアア!!!美術室の床ァアアアア!!!
中村彝アトリエ記念館 床

あー、やばい。たまらない。これはいけない。 高校生だったころの美術室とか浪人してたころの美術予備校とか大学生のころの美術棟とか、記憶がフラッシュバックしまくり。あうあう。あうあう。

うらやましいいいいい。俺もマイアトリエ建てたいよおおおおおおお。

この日は、ほかに用事があったからゆっくりできずに、一通り見て退散したけど、できることなら、だらだらうだうだしたかった。

アトリエを建ててから亡くなるまでの彝の身の回りの世話をした岡崎きいの休憩室。
中村彝アトリエ記念館 きいの部屋

明治は遠くなりにけりだなんだかんだいっても、まだ大正時代。畳の部屋がなくては落ち着かないという岡崎きいの希望で作られた休憩室なのだそうな。わかる。

この三畳の和室が、このアトリエをさらに魅力的なものにしている。

昇降機。そう、この施設、バリアフリーで、車いすのまま見学できるのだ。やるじゃん新宿区。
中村彝アトリエ記念館 昇降機

というわけで、ほかに歴史的アトリエを見て回ってないから比較とかできない私だけど、とにかくすごく良かったので、機会があったらぜひ、と強くおすすめする。

なお、同じく新宿区落合には新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館-新宿歴史博物館がある。

佐伯祐三なら、いかにファインアートに疎い私でも知ってるし、そんなものがあるなら、いずれ行かねばと中村彝アトリエ記念館を訪問した日に思ったものだが、それっきり、下落合に行く用事が無くて訪問を果たせていない。

今週末にでも行ってみようか。芸術の秋だしな。

広告
広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178