教科書には、載っている(2) 壬申の乱

02_war_of_jinshin_00.jpg

いますぐ試し読み部分を読みたい方は、こちらをクリック!→ページ内ジャンプ

概要

中学生向けの学習マンガです。

2010~2015 で使われた中学教科書7社すべてのさくいんに登場する事項から、事件・できごとをマンガ化していこうという企画です。

スマホで読むことを前提としています。

無料で最後まで読めます。第2回は『壬申の乱』です。

ご購入

本作品は無料で最終ページまで読むことができますが、ハイクラス・エディションもご用意されております。

ハイクラス・エディション版は画面の縦横比が一般的な紙書籍と同じになり、無料版ではカットされた、両サイドと注釈が入っております。

価格はわずか 108 円です。ぜひ、ご購入ください。

無料ためし読みページ

02_war_of_jinshin_01.jpg

02_war_of_jinshin_02.jpg

02_war_of_jinshin_03.jpg

02_war_of_jinshin_04.jpg

02_war_of_jinshin_05.jpg

02_war_of_jinshin_06.jpg

02_war_of_jinshin_07.jpg

02_war_of_jinshin_08.jpg

02_war_of_jinshin_09.jpg

02_war_of_jinshin_10.jpg

02_war_of_jinshin_11.jpg

02_war_of_jinshin_12.jpg

02_war_of_jinshin_13.jpg

02_war_of_jinshin_14.jpg

02_war_of_jinshin_15.jpg

02_war_of_jinshin_16.jpg

02_war_of_jinshin_17.jpg

広告
広告

02_war_of_jinshin_18.jpg

02_war_of_jinshin_19.jpg

02_war_of_jinshin_20.jpg

02_war_of_jinshin_21.jpg

02_war_of_jinshin_22.jpg

02_war_of_jinshin_23.jpg

02_war_of_jinshin_24.jpg

02_war_of_jinshin_25.jpg

02_war_of_jinshin_26.jpg

02_war_of_jinshin_27.jpg

02_war_of_jinshin_28.jpg

02_war_of_jinshin_29.jpg

02_war_of_jinshin_30.jpg

02_war_of_jinshin_31.jpg

02_war_of_jinshin_32.jpg

02_war_of_jinshin_33.jpg

02_war_of_jinshin_34.jpg

02_war_of_jinshin_35.jpg

02_war_of_jinshin_36.jpg

02_war_of_jinshin_37.jpg

02_war_of_jinshin_38.jpg

02_war_of_jinshin_39.jpg

02_war_of_jinshin_40.jpg

02_war_of_jinshin_41.jpg

02_war_of_jinshin_42.jpg

02_war_of_jinshin_43.jpg

02_war_of_jinshin_44.jpg

02_war_of_jinshin_45.jpg

02_war_of_jinshin_46.jpg

02_war_of_jinshin_47.jpg

02_war_of_jinshin_48.jpg

このマンガには両サイドと註釈がが見られる、ハイクラス・エディションがあります。これは無料版ではカットされています。 作品をより濃く楽しめる完全版のご購入を、ぜひ検討してください!

ContactSheet_001.jpg

で、壬申の乱って、なに?

いつものことながら、描こうとしてる本人が、あんまりよくわかってなくて、調べて描くの自転車操業。

描く前は、天智の弟と天智の息子が戦ったんやで~、ということと、実は天武の方が天智より歳が上っていう説もあるんやで~、と、瀬田橋は壊されたんやで~、くらいしか知らなかった。

天武天皇は天智天皇より年上説について

……、多くの研究者と同様、採用しませんでした。

仮に年上だとしたら、乙巳の変の時代には、有力な皇位継承者候補。にも関わらず、史料に現れないのは不自然すぎますし。

結局、天武の生年は不明という説に私も立ったのですが、マンガ内の想定は天智よりも 10 歳ほど若いとしました。

持統天皇陰謀論

壬申の乱は、息子をどうしても大王にしたかったウノノサララが計画立案策謀し裏で糸を引いていたという説。

壬申の乱 (戦争の日本史)
壬申の乱 (戦争の日本史)
倉本 一宏
吉川弘文館
Amazon.co.jpで詳細を見る

これ、どうなんですかねえ。たしかに、そのまま大海人が皇位を継いでも、一時的なものであって、大海人が死ねば大友皇子が即位してウノノサララの息子の出る幕はない。それどころか暗殺される恐れもある。だから、譲位を受けず乱を起こして天智の血統を排さねばならなかった、と。

そういう親の願いは確かにあっただろうと思うので、マンガの中では、
jitoh.jpg
と、ウノノサララの意向を匂わす程度に描きましたけど。

ただ、個人的には持統陰謀説は、壬申の乱で勝利したことと、実の息子・草壁皇子のライバルである大津皇子に濡れ衣を着せて自殺に追い込んだことから導き出した、結果論的な推察だと思います。

というのも出家して吉野へ隠遁というのは乙巳の変のあと古人大兄皇子もやっていて、結局、攻め滅ぼされてる。政争をさけて都を離れた有間皇子も、けっきょく騙されて誅殺されてしまう。過去には斑鳩宮で殺された山背大兄王の例もありました。首都を離れて隠棲するという手は危険が高かったと思うんですよ。深慮遠謀さはそこに感じられない。

天武もウノノサララも、自分の運命を精一杯生きただけではないかと。政治の中枢から外されて吉野への出家へと追い込まれたものの、殺されないために頑張った結果、結果的にそれが反乱となったり、詭謀の女帝みたいになっただけではないかというのが私の考えです。

大津皇子の死に持統の意向が~というのも、疑わしいだけで確定ではないみたいですし。

次回予定が保元・平治の乱

いつ描くかわかんないですけどね。

すごいよね、奈良時代・平安時代をすっとばして平安末期にワープ。

というのも、コンセプト通り、
「2010年~2015年に使われた中学歴史教科書(7社)のすべてに載ってる事件」
で絞ったら、次は保元・平治の乱だったからなんですが。

マジかよ前九年・後三年の役を扱わない教科書あんのかよ!あ、いやまあ、たしかにね、私も中学生の時に教わった記憶ないわ。納得。

マジかよ平将門の乱を扱わない教科書あんのかよ!あ、いやまあ、フィクションでは武士の先駆けとして強い影響力を持つ事件だけど、歴史的には当時の日本中で起きてた中規模な反乱のひとつにすぎず、私が中学生だったころと違って、わざわざ覚えるようなことではないというのはわかる。納得。

そんでなあ、保元・平治の乱。私が中学生だったときには教わった記憶ない。

だから、ぜんぜん、わからない。

そもそも、中学歴史ってのは、あんまり「なぜ?」に答えてくれないから、大人になったいま「なぜ?」がわからず、そこから思考が進まない。

摂関政治で朝廷を牛耳った藤原氏が衰えて、法皇や上皇の院政が始まったと。あー、はいはい。そう習いましたよ。

でも、なんで藤原氏が衰えたのかわからない。

なんで、貴族たちは藤原氏の言うことをきくのやめて、上皇の言うことをきくようになったわけ?

そんで、現役の天皇はなんで、上皇に逆らえなかったわけ?

そんで、いつのまにか上皇の力が衰えて、現役の天皇の方が優勢になるわけ?

権力の根拠がどこにあって、なぜ、パワーバランスの変化が起きるのか、そこの説明が薄くて、よくわからんのよなあ。

このへんが、源平争乱がいまいち人気出ない理由な気がする。戦国時代みたいに
「戦争で勝つやつ、すなわち武力が強いから権力者になる」
というわかりやすさがない。

その時代に生きてないと感じにくい、時代の空気読み能力と忖度《そんたく》誘発力の勝負なんよな>平安末期~室町

そのわかりにくい保元・平治の乱をマンガ化がいつになるか、ここまでの全二話の売れ行き次第なところもありますので、ぜひともご購入よろしくお願いいたします!

なお、無料版はジャンプルーキーにもアップロードしましたので、そちらで読むこともできます。

サイドがカットされているのは同じですが、解像度はこのページのものよりジャンプルーキーの方が高いです。(縦幅が桝席のは 560px、ジャンプルーキーのは 1024px )。

桝席の方で解像度が低いのは、個人的には(文字が読める範囲で)大きすぎない方が読みやすくてレスポンスも早く快適だと思っているからで、見せたらへん的な感情でそうしたわけじゃないです。ジャンプルーキーのが 1024px なのは、自サイトじゃないので世間に合わそうかな、と。

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178