まいまいず井戸は普通に螺旋が好き

武蔵野ならではの遺構、まいまいず井戸のひとつ、五ノ神まいまいずにやっと行った

五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

訪問日は 2018-07-07。

羽村へ行ったのは、羽村取水口(投渡堰)を見に行ったためであるが、まず、駅を降りたら駅のすぐそばに有名な「五ノ神まいまいず井戸」があるのを知り、帰りに寄ったということだ。

前から、まいまいず井戸めぐりをしたいと思ってた。が、府中はともかく羽村や狭山や青梅やあきる野市って、微妙に遠くてなぁ……であり、わりとあとまわしにしてたのだ。

五ノ神まいまいずのある五ノ神神社は、駅ロータリーの隣である。古来より村落の中心だったらしい。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

枯死した御神木だろうか。いいオブジェだ。
五ノ神神社(羽村市)

説明が無くて怖い隼人墓。
五ノ神神社(羽村市) 隼人墓

と、社伝によれば創建は推古の時代までさかのぼる古社である五ノ神神社も、なかなか面白い神社であるが……

やはり、まいまいず井戸の面白さの前にはかすむ。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

歴史的な興味はおいといて、吸い込まれそうな形状の魅力がすごい。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

武蔵野といえば、国分寺崖線とハケの水が有名だけど、たまたまガケの側面から出る湧水に恵まれなかったということなんでしょうな。なぜそんな場所に古くから集落があるのかというと謎ではある。

空想するに、青梅の谷を抜けた多摩川の急流が屈曲し、流速が落ちて歩いて渡れる場所だったのではないか。そこでこの地が古代の交通の要衝となり、集落ができる。

が、河川周辺だと氾濫が怖いので、川から少し離れた丘陵の上に住居を構える。多摩川が近くにあるから水に困るわけじゃないけど、川まで水くみにいくのはしんどい。あいにく崖下の湧水もない。だが砂礫層で掘りやすい。ならば井戸を掘るか!てな感じだったのだろう。

降りていく。ただただ楽しい。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

形が面白いから白黒で撮っちゃうんだもんね。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

井戸底まで来ると、形の面白さは感じられなくなる。エッフェル塔を見たくなければ(略)。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

植物パワー。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

パノラマってみても、堀底からの眺めがそんなに面白くないのは変わらないな。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

私が江戸時代民なら、重い桶をもって、ここを登るのかとうんざりしただろう。それでも多摩川まで行って帰るよりはラクだっただろうが。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

回転は『生きている』んだ。『穴』になっても『穴』の中で生きている…
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

ところで、武蔵野のまいまいず井戸に来るのはこれが初めてですが、武蔵野じゃなかったら、ちょっとだけ経験値がある。

小田原市石垣山城の井戸。曲線の螺旋ではないけど、原理はまいまいず井戸。
石垣山城 (神奈川県小田原市) 井戸

群馬県。太田金山城の日の池。神事に使う池として再整備されたけど、おそらくはこれも原初はまいまいず井戸だったと考えられる。
太田金山城 日ノ池

肥前名護屋城の太閤井戸は、まいまいずかどうか判断に迷うところ。
肥前名護屋城 太閤井戸

ともあれ、南方諸島のは難しいと思うけど、武蔵野圏のまいまいず井戸の有名な奴くらいは、いつかコンプリートしたいと思うのです。

ヤブ蚊がものすごかった。
五ノ神まいまいず井戸(羽村市)

広告
広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178