登り狂ひ武蔵

Noborikurui-Musashi_00.jpg

すぐ試し読み部分を読みたい方は、こちらをクリック!→ページ内ジャンプ

概要

コミック乱 2005 年 12 月号に掲載された読みきり。

あらすじ:仕官の夢かなわず熟年となった剣豪・宮本武蔵。期せずして身を寄せていた小倉藩小笠原家の近くで起きた島原の乱。

武蔵は手柄を立てるため、決死の覚悟で石垣を登り始める……

ご購入

このエントリに掲載している無料試し読み部分は本編 18 ページ中 15 ページです。完全版は各種電子書籍サイトで販売中です。

なお、本作品を含む、コミック乱で発表した人物マンガをまとめたアルバム『レキメン: 日本の歴史のどえらい面々』(価格 486 円)が存在します。

シリーズをバラで揃えるよりはるかに安く、お得ですので、ぜひ、ご検討ください!

無料試し読み部分

Noborikurui-Musashi_01.jpg

Noborikurui-Musashi_02.jpg

Noborikurui-Musashi_03.jpg

Noborikurui-Musashi_04.jpg

Noborikurui-Musashi_05.jpg

Noborikurui-Musashi_06.jpg

Noborikurui-Musashi_07.jpg

Noborikurui-Musashi_08.jpg

Noborikurui-Musashi_09.jpg

Noborikurui-Musashi_10.jpg

Noborikurui-Musashi_11.jpg

Noborikurui-Musashi_12.jpg

広告
広告

 

Noborikurui-Musashi_13.jpg

Noborikurui-Musashi_14.jpg

Noborikurui-Musashi_15.jpg

無料試し読みはここまでです。お気に召しましたら、ぜひご購入ください。

なお、本作品を含む、コミック乱で発表した人物マンガをまとめたアルバム『レキメン: 日本の歴史のどえらい面々』(価格 486 円)が存在します。

シリーズをバラで揃えるよりはるかに安く、お得ですので、ぜひ、ご検討ください!

備考

私の、コミック乱への初掲載作。

高石垣

この頃は城の知識もなく、城とは石垣があるものだという固定観念で描いてました。

実際の原城は、少しは石垣が残っていたものの島原の乱の頃には 作中に出てきたような高石垣はなかったみたいですね。

あと、算木積みも、ぜんぜん理解できてない。

当時は、のちに自分がお城マンガを描くとは知る由もないから詰めが甘いのは仕方がないけれど。

なにとぞ寛大な目と心でお読みくださいませ。

掲載時の告知と自己解説

  『登り狂ひ武蔵』について – 桝席ブログ

http://mitimasu.sakura.ne.jp/wp/?p=1920

広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178