寺社はどこだ

この記事は、単独で記事を立てるほどでもない小さな神社を紹介するための記事です。ときたま更新します。

この記事内では新しく書かれたものほど、上になります。

日記から転載した部分が含まれるので、サイト内に重複する記事があるかもしれません。

ページ内ジャンプ

昭和19年、陸軍が造営…ということは? 気象神社 (東京都杉並区)

2016-05-21

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#kishoujinja

気象神社。杉並区にある日本で唯一の、お天気専門の神社だ。
気象神社

昭和19年、帝国陸軍によって造営された。したがって、もともとそんなに歴史がある神社でもなければ、社も腐食が激しくなったため平成15年に建て替えられた。古建築としての魅力はない。

だいたい、昭和19年だ。昭和19年と言えば、敗色濃厚になってきたころじゃないか。そんなときに、陸軍の気象部が、近代科学を学んだであろうエリートたちが、大真面目に神社を作っているというね。

きっと神風が吹いて勝つ……じゃねえ!俺たちの手で吹かせるんだ!神風をな!てか。

神国日本の幻想に踊らされていたのは末端の兵士・国民だけじゃなくて、幹の中心からズブズブだったという話。そりゃ戦争、負けますわ。

そしてもちろん、神風なんか吹かず、戦争に負けたのであるから、御利益なんかなさそうな神社である。しかし、歴史が浅いのが幸いしたか、GHQの調査から漏れ、撤去をまぬがれ、払い下げられ現在に至るというから、自分を守る程度の神通力はあるようだ。

まあ、御利益があるかないか、パワーだのスポットだのは私の眼中の外のことなのでどうでもいい。

ただ、このゲタを模した絵馬は素晴らしい。
気象神社

歴史が浅くとも、御利益があろうとなかろうと、この絵馬には一見の価値があった。
気象神社

深川最古のコンクリ鳥居 八名川稲荷神社 (東京都江東区)

2016-05-21

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#yanagawainari

江東区の区指定文化財である、深川では現存最古の記銘のあるコンクリート製鳥居を見てきました。

八名川稲荷神社(江東区) コンクリート造鳥居 昭和11年在銘

  →文化財・史跡等/建造物/コンクリート造鳥居 昭和11年在銘
  http://www.city.koto.lg.jp/sisetsu/13401/13474/15074.html

江東区新大橋3-1-4

大きな地図を表示

ただの歪んだ四角形が昭和の「昭」と読める!人間ってすごい!
八名川稲荷神社(江東区) コンクリート造鳥居 昭和11年在銘

深川の記銘のあるコンクリ鳥居では現存最古、であって、日本最古のコンクリ鳥居ではない。現存最古のコンクリ鳥居はどこにあるのか、調べてもわからなかった。

桜島の埋没鳥居。これがコンクリ製。
桜島埋没鳥居

埋没させた桜島の大噴火が 1914年(大正3年)だから、すくなくとも最古のコンクリ鳥居は、1914 以前にまで遡れることは確かだ。

日本最古のコンクリ電柱(函館)。関係ないか。
日本最古のコンクリート電柱

御影石の砕石を貼り付けてコンクリっぽさを隠すテクが生まれてた程度の新しさ。
八名川稲荷神社(江東区) コンクリート造鳥居

御影石の砕石はあとから足したのかもしれないけど。

控えめな賽銭箱だけど、それでも賽銭ドロが後を断たないようだ。
八名川稲荷神社(江東区) 賽銭箱

賽銭ドロの多さを物語る忍び返し。神社っぽくない。心が安らがない。
八名川稲荷神社(江東区)

お堂の写真はないけど、いいよね?(←いいか?)

鳥居がH形鋼! 金森稲荷神社 (東京都江東区)

2015-10-26

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#kanamoriinari

 金森稲荷神社(江東区南砂5-23)

鉄工所などが奉納した手前の鳥居がH形鋼(I型鋼かもしれないが、私には判別できない)が面白かった。

  金森稲荷神社(東京都江東区南砂 5-23)
  http://www.openstreetmap.org/#map=18/35.6756/139.8343

  OpenStreetMap | 変更セット: 34884030
  http://www.openstreetmap.org/changeset/34884030

通りから巨樹が見えたので寄った 梅岩寺(東京都東村山市)

2015-11-27

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#baiganji

梅岩寺 門

2010 年の日記に記事を書いている。都の天然記念物の大ケヤキ、市の天然記念物の大カヤ、市の有形民族文化財の新・四国石仏などがあった。大カヤが良かったな。シュッとしてた。冬だったのでケヤキが落葉してしまっていたというのもある。2010-11-27。

  →11/09 巨樹または奇樹の訪問ログ»梅岩寺の大ケヤキ | 桝席ブログ

  OpenStreetMap | 変更セット: 34884030
  http://www.openstreetmap.org/changeset/34918433

2010-12-06

境内の手押しポンプ。神社はなぜか多いですよね、手押しポンプ。

梅岩寺 新・四国石仏

四国霊場八十八箇所を廻ってられない人のための、新・四国石仏。ここに参拝するだけで同じ功徳が得られます、だそうな。

2chまとめサイトみたいなもんか(←たとえがひどい)

世が世なら四国から営業妨害・商標無断使用・著作権侵害で訴えられるレベル。

梅岩寺 本堂

またこいつは水平もとれないでプププ…とお思いでしょうが、ちがうんです!ちがうんです!柱の垂直はとれてるのがわかりますか?本堂が参道に対して、ちょっと斜に構えているんです!うえーん。

数年に一度は初詣に行く生目神社 (宮崎県宮崎市)

2015-11-02

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#ikimejinjya

 生目《いきめ》神社 (宮崎県宮崎市)

宮崎のパワースポット(笑)めぐり – 桝旅 に記事があるので 2008 年にも訪れているが、この写真は 2005-01-03 のもの(この項目は 2015-11-12 に書かれた)。

生目神社 – Wikipedia 。藤原景清(源平討魔伝の主人公だ!)のえぐりだされた目を祀っているとかなんとか。正月には屋台が2~3軒出る程度に信仰の厚い由緒ある神社。

  生目神社 – OpenStreetMap
  http://www.openstreetmap.org/?mlat=31.91831&mlon=131.37681#map=17/31.91831/131.37681

  OpenStreetMap | 変更セット: 35031349
  http://www.openstreetmap.org/changeset/35031349

通りがかった東圓寺(埼玉県朝霞市)が良いお寺だった

2012-12-05

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#toenji

所用で朝霞市に行った帰りに、東圓寺というお寺があったので寄ってみたら良いお寺だった。 スナップ用のカメラしかポッケに突っ込んでおらず、写真はアレだけど。

平安時代にはすでに開山していた古寺…らしいが、 そのときは何の事前知識も無かったので、
「お寺だー、ちょっと見ていこう」
くらいの気持ちでぶらり。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

参道。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

山門。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

本堂。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

不動の滝へと続く道。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

山城を思わせるような境内。

すぐ近くに、朝霞市の岡城址(城山公園)があった。 歴史は東圓寺の方が古いのだろうが、 戦国時代には城の出丸のような役目を担わされていたのかもしれない。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

不動堂。

 東圓寺(埼玉県朝霞市)

弁天堂。

目玉(?)である、不動の滝の写真は撮らず。

市指定文化財の東圓寺の板石塔婆というものがあるらしいのだけど、 説明板はあっても、肝心の板碑らしきものは見当たらず。 帰宅後、検索しても出てくるのは説明板の写真ばかりで、板石塔婆そのものの写真は見当たらないので、ふだんは別の場所に大事に保管されているのかもしれない。 もちろん、見落とした可能性も高いが。

謎な瓦 板橋双葉氷川神社

2012-07-12 頃

この項へのリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#hutabahikawa

武蔵国は氷川神社がやたらと多い。

 板橋双葉氷川神社

 板橋双葉氷川神社

 板橋双葉氷川神社

 板橋双葉氷川神社 手押しポンプ

錆びた手押しポンプ。かつての井戸→手押しポンプ取り付け→使用停止……だろうか。

 板橋双葉氷川神社 瓦の展示

無造作に瓦が展示されていた。

レリーフ付きの平瓦を作ったものの、 「しまった!平瓦だと下から見えない!」 と気が付いて、しかたなくこうして展示している、のではないかと想像した。

色からしてアルミ瓦かな?と思ったけど柵の向こうで近づけず、不明。

なりますのすがわら 板橋成増菅原神社

2012-05-19 頃

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#narimasusugawara

 成増菅原神社(東京都板橋区)

Open Street Map で見る

かつての成増村の鎮守であった、菅原神社。

成増の菅原……なりますのすがわら……

なりはら博士だーっ!

あ~るの春合宿で成原博士が菅原大明神風に出現するのは、これを踏まえてだったのか、たまたまなのか……(成原博士の名前の由来は、あ~る君のモデルにもなった同級生のアダ名「成増の原人」から、だったと思う)。まあ、たまたまでしょうな。

 成増菅原神社(東京都板橋区)

 成増菅原神社(東京都板橋区)の樹木

巨樹というほどではないが、なかなかの枝ぶり(追記:2016-04-18:残念ながら 2015 に伐採された)

見晴らしが良い。他に何を望むことがあろうか 豊川稲荷神社 (埼玉県和光市)

2007-11-18

この項へのパーマリンク:http://www.masuseki.com/wp/?p=289#wakoshitoyokawainari

 和光市白子豊川稲荷神社

2007-11-18 年の日記に記事がある。

  →11/19 小刹 | 桝席ブログ

こじんまりとした、見晴らしの良いというだけの神社である。しかし、こじんまりとしていて見晴らしが良い。これ以上、何を望むことがあろうか。……という、この神社の雰囲気に魅了された人が何人かいるようで、検索するといくつか記事が見つかる。私は気づかなかったが、江戸時代の石仏があったらしい。家から近いし、いずれ再訪するでしょう。

 和光市白子豊川稲荷神社

  豊川稲荷神社 – OpenStreetMap
  http://www.openstreetmap.org/?mlat=35.78918&mlon=139.63003#map=19/35.78918/139.63003

広告
広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178