宮崎へはフェリーに乗って

2010~2011 の帰省の記録(1)

飛行機で帰るつもりだった。

「だった」というのは、つまり、飛行機で帰らなかったということだ。正確に言えば帰れなかった。

スカイネットアジアのバーゲン切符を注文したのは 11/1 だった。

バーゲン切符は搭乗日の二ヶ月前に発売開始となり、年末年始の切符はたいてい瞬時に売り切れる。つまり、11 月1日じゃ遅すぎる。

それでも一縷の望みをかけて検索したら、まだ座席が残っている便があった。即決で購入した。それが間違いの原因だった。

あとで気がついたことだが、その便は「東京発宮崎行き」ではなく「宮崎発東京行き」の便だったのだ。つまり、出発地と到着地の選択を逆にしてしまった自分のミス。焦りが生んだ凡ミスだった。

間違いに気付いたのは 12/26 。慌ててキャンセル手続きをし、青春18きっぷで大坂まで行きフェリーで宮崎へ帰ることにした。この経路で帰省するのは8年ぶりだ。

 東海道線の車窓より朝日を見る

東海道線の車窓より。川崎のあたりか。(追記:2014-02-04 小田原は酒匂川だった。)

 東海道線の車窓より富士山を見る

もう何度も撮っているのに、富士山が見えるたびにやっぱり撮ってしまう。そういう人は多いのではないか。

 紅ショウガ掻き揚げうどん_新大阪駅

たしか新大阪駅。紅ショウガの掻き揚げうどん。見た目は非常に良いが、味は普通。

 大坂ニュートラムの車窓より橋脚を見る

大坂ニュートラムから見た景色。少し前はガラスへの映り込みを無くそうといろいろ努力していたけど、最近は面倒になってそのまま撮るようになってしまった。それもまた旅行写真の特徴なり(と自分を誤魔化す)

 かもめフェリーターミナル行き_バス待合所

フェリーターミナルへのバスの待合室。

 かもめフェリーターミナル行き_バス待合所

これは8年前の写真。あいかわらず殺風景な待合室だけど、前回より人が多かった分、そんなに寂しさは感じなかった。(8年前は泣くぞコラとか思った)

 宮崎カーフェリー  宮崎カーフェリー  宮崎カーフェリー

圧倒。鉄塊。光。幻想。この、いやがおうにも昂ぶる気持ちは、なんだ。

 宮崎カーフェリー二等船室  宮崎カーフェリー二等船室

15 年前は、二等船室なんて毛布と枕だけで、こんな薄い敷布団は無かった。8年前は、よく覚えてないがあったような気がする。

もっと大昔は毛布だけだったとか、いや枕だけだったとか聞いたことはあるけど、さすがに知らない。

久々に乗った宮崎カーフェリーは、ジュースもそんなにボッタクリ料金ではなく、こぎれいで、快適だった。原油高騰でもっと斜陽に拍車がかかってるかと思いきや、逆に頑張ってて感じが良かった。これなら乗船前に食料を買い込んだりせずともよかったと思ったくらい。

 大坂南港夜景

さらば大阪港。


この日の船には高校ラグビーに出場した日向高校の選手と応援団が乗っていた。 風呂に行ったらラグビー部員で混雑していた。

……えーと。いや、さすがにラガーメンはいい体してますね。って観察するなよ自分。

 シューター乗り込み口

なんですとー?

 甲板から見る明け方の月

日の出の前。甲板から月を見る。

 12/28 の日の出

太陽「初日の出ばっかりひいきして!えこひいき!えこひいき!」

 日の出と女子高生

正直に言おう。日の出を撮るふりしながら女子高生を撮った。

 船窓ごしに見る日の出

塩の結晶がへばりついた船窓ごしに見た日の出。

 日の出と女子高生

正直に言おう。日の出を撮りに出てくる女子高生をクソ寒い甲板で延々と待った。

 宮崎と女子高生

「あのに見えるのような陸地が……宮崎だ!」

 めずらしい指示

水洗便所に備え付けの紙以外は流すなという注意書きは多いが、 このような指示はめずらしい。

 フェリーと女子高生

宮崎に着いたじー!

 つきたてもち

実家の母は餅作りの最中だった。長年つかってきた電動もちつき器が、いよいよ不調だとか嘆いていた。

つづく

2010~2011 の帰省の記録
広告
広告

ここはシェアと拡散の店だ。どんな用だい?

さっそくフォローしていくかい?

広告
広告

このブログを書いた人間/サイト管理者

桝田道也(ますだみちや)
桝田道也(画像)

もっとくわしく→このサイトと筆者について | 桝席ブログ http://www.masuseki.com/wp/?page_id=3178